Blog and Book Reviews

Movie “Renoir – Revered and Reviled” 7/26/16

July 28, 2016

I got Renoir’s Collection Book when I was pretty young. I enjoyed turning the pages to see pretty colors and scenes, but I always did not understand why those ladies were so big.. Anyway time has passed. I have been seeing his real paintings at museums around the world and continue to like them. It is a very interesting movie focusing on the new points (to me, at least). For instance I did not know Renoir influenced on Picasso and Matisse. It seemed to me their paintings are so apart from Renoir’s. Based on the remarkable Renoir collection at the Barnes Foundation in Philadelphia Renoir’s late works (for instance those big ladies in bathing scenes) are examined in this movie. Some people think they are seductive (it may be true)  and those ladies have no brain.. (it is a matter of opinion). Renoir lived in the height of impressionism. The movie constantly play Faure and Debussy’s piano and vocal music and the music gives a great imagination. I like those lecture documentaries. I learn and take what I like and I ignore what I don’t like!

 

Movie “Café Society” 7/24/16

July 24, 2016

It is Woody Allen’s new film. I love his movies! The story is based in 1930′ glamorous Hollywood and NY. The movie has full of wit, cynicism, humor, energy, and love. In gossipy Hollywood the young man from NY city, Bobby Dorfman, found his love, Vonnie. At the beginning their love seemed so youthful and sincere, but then they found the twist in relationship.. ! Great script! Great acting! Great story! If you don’t know what movie you want to see you should watch this one first.

Movie “Maggie’s Choice” 7/24/16

July 24, 2016

I enjoyed Greta Gerwig’s movie “Frances Ha” few years ago. It was very witty, cleaver, and fun. So I went “Maggie’s Choice” which she is a main character, Maggie. Again it is very funny and humorous. But I see the same tempo and mood from “Frances Ha”. Gerwig walks, talks, and behaves with the same manner, little clumsy, cute, out – of – control, emotional.. I laughed hard, or course, but I would be happy to see she acts differently.

ピエタ  大島真寿美  ポプラ文庫 7/24/16

July 24, 2016

これは、ヴィヴァルデイ(バロックの高名な作曲家 – Antonio Lucio Vivaldi 1678-1741)と彼が生涯関わり続けた女子の孤児院(ピエタ- Pieta)の物語。もちろん、ピエタの事は知っていたし、ヴィヴァルデイが数々の名曲を、彼女達に作ったことも知っていたけれど、その背景や歴史的状況を考えたことがなくて、この本は改めてあの当時の音楽環境や生活を考えさせてくれた。それもとっても、深く。史実に基ずくお話しで、本当に作中に出てくる女性達が生き生きと、描かれている。残酷な現実を受け入れ、ふわーっと、有意義に、温かく生きるエミーリア。その類い稀な才能で、歴史上に名前を残すことになった、アンナ・マリーア。ヴィヴァルデイは、彼女の才能に触発され、技巧的な素晴らしいコンチェルトを沢山作曲した。登場人物の心の叫びが、優しさが、泪が、謙虚な愛の告白が、私を包み、しばしばこちらも彼女達と一緒に泣いた。長い時間をかけた緻密な下準備だったであろうけれど、この本の出来は最高。十八世紀のヴェネチアに遊んでみませんか。運河が広がる、ロマンチックで文化に溢れる町。飽和状態の中で退廃も進む貴族社会で、ピエタを信じ、自分をしっかり持ち、真実を見つめる。貴方もきっと、感動して涙することでしょう。

お相撲が面白い! 7/16/18 

July 18, 2016

毎日はっきり言って、寝不足です。大相撲放送が、夏時間ロスアンジェルスでは、夜中の12時から2時まで。演奏会やコンクールの審査が翌日にある時は、ぐっとこらえて録画して翌日見ているけれど、それ以外はひと時も逃さず、解説をしっかり聞きながら、真夜中一人、熱く観戦しています。昨日は藤井アナウンサーと北の富士さんのコンビ。これが、最高。美しい室内楽のアンサンブルと同じで、経験と博識と頭の良さと、そして何といってもお二人とも、とてもチャーミングで、うっとりと、相撲解説を聞きました。会話が、滞ることなく、すーと流れ、そして膨らみ、面白く、感動なのですね。横綱二人が負けるという波乱が起き、私だけではないと思うけど、何故か他の力士が稀勢の里関を援護射撃しているように感じますね。同部屋の高安関も自己最高の場所で、夜中と言えども、ロスアンジェルスから何が出来る訳でもないのだけど、やはり寝ている場合ではないんです。これからの後半戦、更に楽しみにしています。お相撲最高!

小暮荘物語 三浦しをん  祥伝社文庫 7/16/18

July 18, 2016

私の空想壁に拍車をかける、優れ本。オンボロアパート小暮荘の住人達、そしてその周りに集まる、一癖も二癖もある人々(つまり変人たち)のお話しだ。毎回書いていることだけど、彼女の文章の美しさに、私ははっきり言って涙しています。美しさが凝縮されて、紙面に感情が詰まっている感じ。登場人物が、私達の心の中で、語り掛け、動き出していく。子どもの頃から、私は本大好きっ子だけど、一つには、辛い時に(こういう事が結構頻繁にあったので)空想の中に遊ぶ、という事が出来たからだと思う。そして登場人物になってみたり(コンチキ゚号漂流記とかね)、登場人物に救われたり、紙からできている本だけど、その効用はすごいもの。この小暮荘物語も、真実を明らかにしながら、こちらをドキッとさせたり、赤面させたり、笑わせたり、泣かせたり、もうすごいドラマなのです。これは、2度、3度読む本です。

天国旅行 三浦しをん  新潮文庫  7/18/16

July 18, 2016

彼女の小説は、詩小説だ。余りの文章の美しさに、しばしばボーッと、現実から離れてしまうことがある。そして、毎回本当に感動するのが、三浦さんの引き出しの多様性だ。7つの短編からなるこの本も、一つとして、同じ発想も設定もない。それでいて、底に流れるテーマがそこはかとなく、共通しているという訳。それは、「心中」。その理由も心理もそれぞれ。だけど、死の果てに見る救いを(死が成功しようとも、仮に現生にとどまる事になっても)描いていく。美しい世界に浸りたければ、この本を取ってみて下さい。

ライン  乃南アサ  講談社文庫  6/28/16

June 28, 2016

今や当たり前のネット遊びだが、このお話しはそれが誕生して、まだ間もないころのものだ。問題提起したともいえるし、テクノロジーの先にあるもっと深刻な問題をすでに読んでいたともいえる。とてもするどいのだけど、こういう時代物は、そのときが過ぎてしまうと、ちょっと色褪せ感がなくもない。推理小説仕立てになっているので、その辺でスリルを味わうのも良いかも。私、乃南アサさん、好きです。

変身 東野圭吾 講談社文庫  6/24/16

June 28, 2016

すごい偶然!これも井上夢人作品同様、頭の中のお話し。こっちは新興宗教じゃなくて、脳移植というとんでもないSFの世界。脳移植によって、他人に徐々に侵食されていくお話。脳が体を支配するのか、その逆か、という議論が出てくるけどね!天才東野圭吾、目の付け所が違う!そして、彼の終わりのない「興味津々」の態度が素敵だ。

ダレカガナカニイル。。。井上夢人   講談社文庫  6/22/16

June 28, 2016

宣伝文にあるように、ミステリー、SF, 恋愛小説、のすべてを網羅し、合体させた超大作。最初は、お義理的に読み始めたのだけれど、何故かどどっとはまってしまいましたね。お話しは、とてもスローに進むのだけど、心理描写がやっぱり良いのかなあ。。惹き込まれてしまいます。新興宗教から、母娘の葛藤、どんぞこからの一発逆転恋愛。とても面白く読みました!