Blog and Book Reviews

幸せのバランス   9/14/14

September 15, 2014

9月も中旬、日本も(場所にもよるけれど)そろそろ夏も終わり、秋の足音が聞こえて来た頃でしょうか。今年の夏は、災害の多い大変な時でしたね。私の方は、8月のフランス公演旅行も無事終わり、大学の新学期が始まって3週間目です。今週末はロスアンジェルスが超残暑で(コロラド州からは初雪観測の知らせも届いているのですが)、町中がうだっています!全く!

今日のテーマ”幸せ”は、何だか青臭いぞ。。という方も多いと思いますが、敢えて書こうと思っています。私もこの年までまあ人生の様々なことを経験して来ている訳で、表面だけ見れば分からないことばかりですが、「これで絶体絶命」のピンチに直面したこともあるし、どうしようもない家族の問題に長年心がすっきりしない事もあったし、仕事でとんでもない失望と戦ったこともあるし、まあ普通の人間なんです。その中で自分に言い聞かせているのは、いつも自分が持っているものに目を向けそれに感謝し、自分にないものに心を向けないということです。一人一人、性格から、秀でた能力も、環境、家族構成など、全然違う訳ですから、他人と比較して(悲しいかな日本にとても多い)、自分にない世界のことを羨んでもしょうがない。かと言って、自己満足しかしないと、進歩もしない、足踏み状態で生きていくことしか出来ない。という訳で、バランスが大事なんですね。そして、自分に健康的な意味で自信を持たないと他人も幸せには出来ないし、自慢や他人との競争でしか、自分への満足感が得られない場合は不健康で、他人を幸せには決して出来ないと思うのです。人間、調子の良い時は誰でもスムースに生きられるけれど、問題に直面したときに本領が発揮されるんです。バランスを上手く取りながら、笑顔で生きたいですね。

A Movie ‘Philomena” 9/14/14

September 14, 2014

A movie “Philomena” is based on the book “The Lost Child of Philomena Lee” by journalist Martin Sixsmith, starring Judi Dench and Steve Coogan. It tells the true story of Philomena (Dench), 50-year-long search for her forcefully adopted son, and Sixsmith’s (Coogan) effort to help her find him. The movie follows the sad story/history of adoptions. Philomena became pregnant with a man she met at the fair, and was sent to Sean Ross Abbey in Ireland. After giving birth (without much of medical treatment and facility), she was forced to work in the convent laundry, seven days a week, for four years to pay off the cost of her stay. There were many young ladies at the Abbey. One day she discovered that the nuns had given her son to an American couple for adoption, without warning or a chance for Philomena to say goodbye. That was customary at this abbey. Philomena kept her lost son a secret from her family for fifty years, but she visited the convent periodically to try to find him. The nuns repeatedly told her that they were unable to help her which was a total lie. Martin and Philomena begin their search at the convent.  They present her with a contract she was forced to sign, forbidding her from contacting her son again, which Martin considers to be too convenient for the Abbey. Later at the nearby pub, the locals tell Martin that the convent deliberately destroyed the records in a bonfire, and that most of the children were sold for £1,000 each to rich Americans. This Abby’s secret is one of the high points of this movie. Eventually Sixsmith and Philomena found her adopted son, Anthony then named Michael by his adopted parents, dead by AIDS. He was gay. Michael grew up to be a lawyer and senior official in the Reagan and Bush administrations. Through his lover they learned Michael had privately wondered about his birth mother all his life, and, in his final months, had travelled to Ireland in an attempt to find her. This movie gives us many controversial questions. I strongly recommend Philomena!

 

A Movie “Heaven is for Real” 9/14/14

September 14, 2014

This movie is based on the book (the same name) written by Pastor Todd Burpo and Lynn Vincent, and directed by Christopher Parker. It has great casting and it is definitely a “feeling good” movie!

Four-year-old Colton Burpo, the son of Pastor Todd Burpo, tells his dad about his story in heaven during his death threaten emergency surgery.  He tells very detailed story, having looked down to see the doctor operating, his mother calling people to pray in the waiting room, and his father in another room talking and yelling at God and etc. Also he tells he met his great-grandfather and his second sister who died before being born. The parents did not tell about these people to Colton yet. Colton has been taught many Christian stories, and it could have been one of stories he has heard before (as a son of the pastor he grew up listening his dad’s preaching and mom reading bible stories), or he really went to the heaven and experienced amazing things. We don’t know, but this movie creates many questions which is the best part, I think.

夢幻花  東野圭吾  PHP  9/6/14

September 6, 2014

3冊めになる、東野さんのご本!興奮が続きますね、この本は、ちょっと趣向が違って、現実からちょっと遠い感じ。殺人の動機が、植物にある訳です。人間って、悲しい動物ですね。切羽詰って人を殺すのだけど、その動機が小さな人間としての見栄だったり、誇りだったりする。自分らしく生きるのって、難しいね。

祈りの幕が下りる時  東野圭吾 9/6/14

September 6, 2014

これは、加賀恭一郎シリーズの一冊です。複雑に絡んだストーリーがおもしろくて、しょうがない!いくつもある秘密の扉をひとつひとつ開けていくみたい!これで終わりかな、と思うと又、すぐ目の前に次の扉がある。東野さん、本当にめちゃ頭が良い!日本の放射能問題にも鋭く触れ、「今っぽさ」も忘れていない(もちろん今だけの問題ではないのだけど)。話の構築性に、説得感があって、ばっちり!おもしろすぎます。

新参者   東野圭吾  講談社  9/6/14

September 6, 2014

おもしろい!の一言ですね。下町の景色が、目の前に見えるよう。一章ごとに、背景を変え、登場人物を変え、あたかもお芝居のよう。素敵なことばかりの、東野さんの小説!そして必ずの人間の本質に関わる部分が出てくる。犯人には確固たる動機があるものの、それが中々表面に出てこない。一つ一つに状況証拠を積み重ね、真犯人に迫る。次が知りたくて、もう寝られなくなっちゃう!

ハピネス  桐野夏生   光文社  8/19/14

August 19, 2014

皆さんも読書好きだと思いますが、私はとにかくお気に入りの本を読んでいれば、幸せ。「ハピネス」は、この旅の最後に読んだ本。最後を飾るに(!)相応しい、大作です。飛行機の中で読んでいて、涙が止まらなかった所がある。もうとんでもないくらい日本的な主役の有紗。その彼女が脱皮していくお話です。途中はこちらがイライラするくらい、おどおどして自信のない彼女が、次第に太っ腹になり、自分が持てるようになる。とても説得力があり、私達を勇気づける。そして愛に満ちた本。だって誰だって「愛を」探して生きているんじゃないのかしら。長編だけど、どーんと引きずり込まれて、一気に物語のなかに、自分も生きてしまう。私もタワマンの住民であるがごとく。是非読んでみて下さい。

降霊会の夜  浅田次郎 朝日新聞社  8/19/14

August 19, 2014

現在の時間と過去の時間を、行きつ戻りつしながら、何が真実なのかを、探るお話。時には涙することも。誰だって自分勝手。そして、人生ってとても不公平。悲しい運命を受け入れながら生きるキヨ。その両親。キヨの死は余りにも残酷だけど、何だか自然にも思えてしまう。霊媒師という非現実の媒体を通して語られる、真実の一冊。感動の一言です。

浪速少年探偵団・しのぶセンセにサヨナラ  東野圭吾  講談社文庫 8/19/14

August 19, 2014

東野さんはどんな文体でも、どんな設定でも書けるらしい!この2冊は、少年達とそのセンセの話。とってもあったかくて、ユーモアたっぷりのお話が、素敵に元気の良い大阪弁で書かれている。いろいろな難事件に遭遇(何故か巻き込まれる!)、それを優しく解決するしのぶセンセ。なんか、ほっくりくる推理短編小説だ。東野さんは7年の執筆期間を経て、このしのぶセンセシリーズにさよならする、と宣言。ですから、私達がしのぶセンセにお逢い出来るのは、この2冊だけです。どうぞお見逃しなく!

 

ある閉ざされた雪の山荘で   東野圭吾  講談社文庫  8/19/14

August 19, 2014

この本確か以前にも読んだ事があるのだけど(記憶がちょっとあいまい・・・)、又読んでみました。2転3転する話に、こりゃ一体なんだ!と驚かせる東野さんの90年代の作品。読者を欺き、作中の登場人物を欺きと、まあ役者集団なんだから(これ登場人物達の事)当たり前か。。。ちょっと現実離れした設定だけど、登場人物の全員がとっても生き生きとして、性格がしっかり出ていて、おもしろい。天才東野圭吾(私は東野さんの大大ファン!)に浸りたければ、どうぞ。最近の作品とは又違った雰囲気が味わえます。