Blog and Book Reviews

アカシア香る  藤堂志津子   新潮社

July 1, 2015

読者をぐいぐい惹きこみ、あっという間に読んでしまった。優しい、ほっとする、小説。そして正義まっしぐら、人情厚く、羨ましい限りの友人関係。そしてカッコ良い女を描ききっている。北海道を美しく讃えるのも忘れていない。

放課後の音符  山田詠美   新潮社 7/1/15

July 1, 2015

すっごい本!!本当に!山田詠美の才能のおおきさって、半端じゃないね!この本は、最初1989年に出版された、いわば一昔前の本。だけど、キラキラして、表現の古さがまったくない。つまり、バブル崩壊の前の世界だよ!心奪われた文章が沢山あるのだけど、例えば 「まつ毛の上に雨が降っているように、瞳だけで泣いている。」「シーツのしわが、そのまま五線紙になって、それを柔く蹴とばす足先が、やさしい調べを奏でるような、そんな時間など、決して持てる筈がない。」「潤んだ大きな瞳でただひたすら、彼を見ていた。私は、その瞳に膜を張る湿り気が、その内、涙を形成って落ちて来やしないかと、人ごとながら心配になってしまった程だ。」「本当の大人の赤い唇って、絵の具箱の中のあの色みたいにあどけないんだ。」「人間が生きて行くことに限って言えば、塩と胡椒は、甘い味つけをするためにある。」本当、とってつけた表現が全くない。まだまだ沢山あるので、とにかく本を読んで下さい。それと、漢字と平仮名のバランスがとっても良い。ああ、すっかりハートを奪われた私です。

Movie “Jurassic World” 6/28/15

June 28, 2015

I remember how exciting to see the 1st Jurassic Park movie. The dinosaurs looked so amazing, and the story was fantastic. Also the casting was natural and convincing. I think this new “Jurassic World” was made to reminiscence to the 1st one. In my opinion the casting is so predictable and stereo type.  For instance the younger brother is so typical, naive, cute and innocent contrast to his older brother who is totally teen-age, acting badly and constantly looking at girls. Their aunt, who is the director of Jurassic Park, is a tough business woman, and she does not care anything besides money. Most of characters in this movie are like those. The story is also very predictable. One thing I like is that those dinosaurs still look amazing. Without the big success of the 1st one this sequel can’t be existed. It is a fun summer movie.

クロイツエル・ソナタ  夏樹静子  講談社  6/28/15

June 28, 2015

この題名、ちょっと素敵だと思いませんか。特に、音楽家の私には、ビビッと来ましたね。だけど、東野さんや、宮部さんの推理小説に慣れ親しんでいる私。夏樹さんには、大変申し訳ないけれど、一つ物足りなさを、感じえませんでした。本当にごめんなさい。ストーリーの根底にある、怨念や複雑化した養子問題などが、良い伏線を張りそうなのだけど、何故か、余りストーリーに入り込んでいかないんですね。文章も良いのだけどね。。。読者をぐいっと、引っ張ってくれない、なんて贅沢な悩みを語っています。

ジェントルマン 山田詠美 講談社 6/28/15

June 28, 2015

何たって、文章が美しい。お話の内容としては、一人の目立たない青年が、非の打ち所がない青年を愛してしまう。そしてその紳士仮面の下に隠されたモンスター性に気付いた時から、その彼の愛の奴隷になるというものだ。究極の愛を奏でる。そして、最後にとてつもない幕切れが訪れる。テンポといい、ストーリー展開といい、人物の描き方といい、真の本物だと思う。ああ、こういうのを、小説と言うのだなあ、と思わせてくれる。長く、日本小説界のトップを走り続けている理由が心底わかりました。

Movie “Woman in Gold” 6/21/15

June 21, 2015

I truly enjoyed this movie because I am a great fan of Klimt’s paintings and the movie is based in LA where I live! Maria Altmann (Helen Mirren), an octogenarian Jewish refugee, who settled in LA after she fled from Nazis Austria, takes on the Austrian government to recover artwork she believes rightfully belongs to her family. Maria’s aunt’s Adele was the model for the famous “Woman in Gold” (‘Portrait of Adele Bloch-Bauer I’). Her husband, a wealthy business man, commissioned Klimt to paint his wife. Maria’s family was a great arts patron, and owned many paintings and artistic objects in their apartment which was located in the center of Vienna, and it is still there. This movie is the remarkable true story of one woman’s journey to reclaim her heritage and seek justice for what happened to her family.  Together with her inexperienced but plucky young lawyer Randy Schoenberg (Ryan Reynolds), a grand son of Arnold Schoenberg, she embarks upon a major battle which takes them all the way to the heart of the Austrian establishment and the U.S. Supreme Court. The director is Simon Curtis. It is  a “MUST” movie!

 

笑いの効用  6/14/15

June 14, 2015

もう長いこと、「笑う事」の効用について、語られてきた。ここで、それについて繰り返す必要はないけれど、一つだけ新しい(私にとっては)コンセプトを。楽しいから笑うのか、笑うから楽しくなるのか、ということ。私の周りにも、いつもしかめっ面して、晴天の素晴らしいお天気の日でも、「今日は本当に良い天気で、爽やかな風が吹いて、気持ち良いですね」などと声をかけても、「私はこういう風が嫌いで、気分が落ち込む}みたいに返事をする人がいるんです。楽しい気分になるチャンスを逃しているんですね。本当に残念。例えばこの人の場合、彼女もご主人もいつも病気をしているんです。病気の状況については、本当に気の毒に思うのですが、もしかしてもうちょっと笑ってみたら気分も晴れるし、逆に体の調子も良くなるかもなあ、と思ってしまうのです。私の友人でリューマチのひどくなった人がいて、背中がひどく曲がり、すべての関節が曲がり、全身の痛みに苦しんでいた人がいたのですが(数年前に亡くなった)、いつ会っても笑顔で残る人生を楽しんでいたんですね。友人の助けを借りて、私のコンサートにも来てくれていました。こういう人は自分の状況に関わらず、周囲の人々に幸せをもたらす、すごい力を持っています。

人生が思う通リにいかない時、上司に怒られた時、夫婦げんかをした時、介護で疲れ切った時、子供が非行に走ってどうしようもない時、事業がうまくいかない時、もう人生って山ほど辛い時があるけど、どんな状況でも、何か楽しい事を見つけて笑ってみたら、自分も、周りも、明るくなる事間違いなし。人生は一回しかなくて、その人生は長いようで、実は地球の歴史上でいえば、もう瞬き一回にも値しないくらい短い。毎日、笑って過ごしましょう!

駆け込み交番  乃南アサ  新潮文庫  6/14/15

June 14, 2015

人気沸騰中、という広告にあるように、読んでいてとても面白い。不思議な力に引き寄せられて、自然と高木聖大君を応援してしまう。「とどろきセブン」のメンバーも、爽快で、素敵!年を重ねてこんなお年寄りになれたら、良いなあ。。と、つい思ってしまう。事件解決のスリラーというより、どちらかというと「寅さん」人情ものというほうが、相応しい。人気作家というのは、本当にツボを心得ているなあ!やめられない、止まらない、というコマーシャルが一昔前にあったけど、まさにそれです。

かもめ食堂  群ようこ  幻冬舎  6/14/15

June 14, 2015

この話、とても気に入っています。主人公達の名前が、カタカナのところがとても良いし、文章がすきっとしているところがカッコ良い。映画化されたけど、やっぱり紙の上の文章読んで映像を自分の中で膨らませるのが楽しい。それぞれ個性ある登場人物も、想像すると楽しいし、特に行った事のないヘルシンキの町というのが、完全に想像の中なので、素敵だ。短いお話の中に、爽やかできりっとした本筋が通っていて、あっという間に読んでしまうけど、読後に心の中にかもめ食堂が生きている。是非読んでみて下さい。

Christoph Bull Organ Concert “Organica” 6/2/15

June 2, 2015

First of all it was a great organ concert! Mr. Bull has an amazing technique, imagination, and creativity. The program included organ solo in the first half and collaboration with Prof. Taylor, ornithologist and Wisdom, live painter, in the second half. I enjoyed J. S. Bach’s Prelude and Fugue in A Minor, BWV 543 in the solo section. He created a wide range of tone color. In the collaboration part a live painter, Mr. Norton, had a huge task. In my opinion actually he had a bigger task than Mr. Bull. He drew the image from the music and interestingly he tricked us so many times. For instance he made us to think OK he is painting a lady dancer, then he would completely change the figure into something totally different. Why I am saying the painter had a bigger task is that I realized I paid attention to the painting most of time, and I forgot to listen music closely. I am not a multi tasking person… The below photo was during Ravel’s Bolero. His painting was so convincing with the music. I look forward to hearing Christoph Bull’s new creation in near future!

2015 June Christoph Bull Orgna Concert "Organica" with a live painter Norton Wisdom.