大学のピアノの生徒の演奏会 12/8/09

December 8, 2009

毎学期、ピアノのレッスンのまとめとして、大学の小ホールで演奏会を開いています(フォトギャラリーをご覧下さい。16人いる生徒の中で、一人が最後まで残れず、一人がお父さんの病気で演奏会に参加出来ず、14人が写っています。)私の教えているオクシデンタル(Occidental College)大学は、音楽大学ではないので、もちろん音楽科でない生徒もいるし、それぞれにこの学期中に一生懸命練習して来た曲を演奏します。教えている私も緊張(自分の演奏会より、時には緊張!)しますが、中には人前で始めて演奏する生徒もいて、それぞれに緊張の瞬間です。でもこうやって肩のこらないとはいえ、演奏会を持つ事で、練習にも張りが出るし、何といっても演奏後は演奏の出来はともかく、「演奏した!」という満足感があり、とても有意義だと思っています。大学を離れれば、こういった演奏の機会がなくなる生徒も多いですし、大学生活の一ページとしても、良い思い出になると思います。今学期は、16人生徒がいて、どの生徒ともとても楽しい、満足の行く音楽の勉強が出来たと、思います。忙しくて、ピアノに時間がさけなくてイライラした生徒、選んだ曲がちょっと難しくて苦労した生徒、それぞれですが、皆音楽が大好き!周囲に強要されている訳ではないので、皆自分の意思でピアノのレッスンを選択しています。もちろん、一人々レベルも違うし、演奏したい曲も違うし、目的も違うので、昨日の演奏会のプログラムは千差万別でした。クラシックの所謂大御所、ベートーベン、モーツアルト、ショパン、ドビュッシー、グラナドス、ブルグミューラーから、弾き語り、自作のジャズの曲、ジョージ・ウインストン、ブロードウエイの曲、など、様々です。何だかどの生徒も愛おしくて、私も他のお客様に混じって、大きな拍手をしていました。来週から、1月の19日まで冬休み。私も1月からの演奏会に備えて、これからは自分の為の練習に専念です!皆様も、どうぞ良い年の瀬をお過ごし下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *