ルネッサンス芸術学院でのコンサート 5/9/10

May 9, 2010

先週の金曜日、主人との2重奏で、ロサンジェルスにあるルネッサンス芸術学院という中高一貫の学校に行って来ました。この学校は、ロサンゼルス交響楽団の教育部門のパートナー校で、その関係もあり昨年に続いての訪問演奏。この学校は、音楽とダンスの専攻があり、ユニークなカリキュラムと校風で大変成果を挙げています。そして学校の誇りは、ワン・クラス・ルームという方針で、お教室は全校に一つあるだけというもの。ここで、それぞれのグループが、テーブルを囲んで勉強します。ですから、我々のコンサートの時は、あっという間にテーブルや椅子を片付け、そこがコンサートホールに変身。まるで、日本の昔の暮らしのようですね。ちゃぶ台を片付けると、そこが寝室になって布団を敷く。面白いでしょ。

演奏曲目は、今年生誕200年のお祝いをしているショパンとシューマンの作品で。チェロとピアノのための曲が、この二人の作曲家の作品で、ちょうど良い具合のコンサートプログラムになります。演奏終了後は、生徒達から興味深い質問が出て、交流も楽しかったですね。活気の溢れた学生達の未来に、エールを!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *