共演者としてのピアニスト人生  5/27/10

May 27, 2010

私の人生、今までに、沢山沢山の音楽家達と共演をして来て、多分私の事を、「コラボレーティブ・ピアニスト」という範疇にくくって間違いないと思います。このコラボレーティブ・ピアニストという言葉、日本語に訳そうと思ったのですが、気の利いた言葉が浮かばなくってーー。つまり、以前は、こうして他の音楽家と演奏するピアニストの事は、「伴奏者」として片付けられていたところ、いつの頃から、「私達は伴奏だけしているんじゃない!音楽を一緒に作っているんだぞ!」という動きが高まり、現在では、公式にはこのように呼ばれる運びとなったのです。様々な音楽大学で、コラボレーティブ・ピアニスト科というものを設置していて、沢山の生徒達がそこで勉強しています。

私のコラボレーティブ・ピアニスト人生、高校生時代に始まりました。私の通っていた高校は、東京都立芸術高校といって、一学年に美術科1クラスと音楽科が1クラス、全校で6クラスというとてもこじんまりした、でもとっても良い学校でした。もちろん、私のクラスメートは、バイオリン弾きあり、ホルン弾きあり、歌の子もいれば、将来の音楽学博士といるという具合で、その中の誰かと一緒に音楽をやる、というのは、とても自然な事でした。そして、桐朋学園に進み、沢山の素晴らしい音楽家仲間と出逢って、ピアノのソロ曲だけでなく、いろいろな曲を弾く事が出来るのは、本当に楽しかった!特に、この時期、フルートやブラス楽器の人達と演奏していましたね。私のピアノ教授は、こうした私のピアノソロ曲を軽んじたかの行為に、余り良い顔をしなかったけれど(ごめんなさい!)、私は楽しくて、いろいろと引き受けていました。中でも、「指揮伴」と呼ばれていた、指揮科の友人達のレッスンで、オーケストラのスコアを見ながら弾くのは、その後にも、とても良い経験になったと思います。何せ、ピアニストとしては演奏出来ない、ベートーベンやブラームスの交響曲を勉強出来たんですから!そして、アメリカに来て、大学院で勉強している間に、音楽高校での仕事を頂き、この仕事で私はH1ビザという、アメリカで仕事が出来るビザをもらう事が出来たんです!この学校での私の仕事は、コーラスの伴奏(!)と声楽科の生徒達の演奏会などでの演奏で、この学校での8年間、ブロードウエイ・スタイルやジャズ風、ドイツリードから、フランス、イタリア歌曲、そしてアメリカの歌など、本当に沢山の声楽曲をマスターしました。そして、このヒューストン時代にも、沢山の素晴らしい音楽家達と共演し、又博士課程の中では、ソロの分野でももちろん演奏、機会があればコンクールなどにもトライしていました。この時期、若い音楽学生達のコンクール演奏やレッスンのお手伝い(主に弦楽器の生徒達)などにもよくお声がかかっていたので、コンチェルトのオーケストラ縮小版を沢山弾きました。そして、ロスアンジェルスに引っ越してからの最初の大学での仕事は、声楽家・コーラスを主体にしたコラボレーション、そして機会が機会を呼び、ブラスの曲を沢山学びました。この春のシーズンだけで、何と8人の違ったブラス奏者と共演したんですからーー!(ベース・トロンボーン3人、トロンボーン3人、そしてトランペットとチューバ一人づつ)

この春は、フルートの演奏会にも2回共演し、その中の一曲が、フランスの作曲家・ドウテイーユの「フルートとピアノの為のソナチネ」というもので、この曲は何と私が桐朋学園時代に愛して止まなかった曲なんです。何十年の時を経て、私の元に帰って来た気分で、思わず大学時代の事を思い出してしまいました。どんな事も、無駄にはならない!本当です。又、私の夫がチェロ奏者なので、一緒に過ごして来た間、ほとんどのチェロ曲を演奏して来ました。そして、私の指使い付きの楽譜も持っている。ですから、「チェロ奏者のピアニスト」とも呼ばれているんです!そして、皆様もきっと大好きな、ベートーベン、ブラームス、シューマン、メンデルスゾーンといった巨匠が書いた、ピアノ3重奏や4重奏といたった室内楽の数々。お声さえかけて頂ければ、いつでも飛んでいって演奏しますよ。演奏していて、心臓がドキドキするくらい、何回演奏しても感動が甦りますね!

もちろん、桐朋の時のピアノ教授のお小言をきちんと聞かなければいけなかったのだけれど(この春、それでも3回ソロのピアノ演奏会弾きましたけれどーー!)、私の音楽人生、沢山の素晴らしい音楽家達と会い、毎回違った曲を学び、リハーサルの間で冗談を言い、演奏する醍醐味を味わい、そして忘れてならないのは、こうした共演の機会に恵まれたからこそ、演奏する事で生活の糧になった、という事です。これから先も、どんな曲が持ち込まれるのか、どんな素晴らしい音楽家と出逢えるのか、楽しみです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *