映画「442」を観て   7/30/10

July 30, 2010

先週の日曜日、ロスアンジェルスのダウンタウン(リトル東京内の劇場で限定上映)で、映画監督すずき じゅんいちさんの最新作「442」を観ました。日系アメリカ兵達の第二次世界短戦中のお話です。もちろん、皆様もご存知のように、日系人はアメリカ人であるにも関わらず、対戦勃発とともに迫害を受け、財産没収、そして収容所に送還されました。そういう中にあって、日系人兵達の祖国(アメリカ)への忠誠、そして戦いぶりを、高齢になった元兵士達へのインタビューをもとに、編集された映画です。知らなかった史実に触れ、感激。私自身ロスアンジェルスに引越して来た当初、余り知る人もいなく、リトル・東京の日系2世、3世のお年寄りに混じってブリッジなどしていたので、その時に見聞きしたことなどと、多少重なり合いました。映画に登場なさった方々のその奇跡ともいえる幸運さの影に、沢山の方々が様々な形で亡くなった事など、戦争の辛さを改めて、感じました。

最近出席した結婚式で、弟をパールハーバー攻撃で亡くされた方から、いきなり「どうしてくれるんだ!」というお言葉を聞いたことも思い出しました。戦争は65年前に終結していますが、傷は決して消えなく、又その持っていきようのない怒りが、今でも同じレベルで人々の心に残っているんです。又、これは、日本の中国攻略の件にも当てはまるのでは、ないでしょうか。まだ学生だった頃(アメリカで)、中国人のピアニストに、日本兵が中国人に行った残虐さを知っているかと詰め寄られ、女性の乳をえぐったりそれはひどい暴行を働いたと言われました。もちろん私も史実は知っておりますが、私にはどうしようもない事。心の傷、民族の誇りの傷、こういった問題、平和に暮らしていると忘れがちですが、きちんと把握しておくべきですね。映画のナレーションにもありましたが、過去には戻れないので、未来に向けて、我々一人一人の姿勢で示す事しか出来ませんね。戦争は本当に悲しいです。

もちろん批判なしでは語れないテーマですが、映画「442」は明るさと前向きさを失なわずに表現されており良かったと思います。ただ、奇跡的に生還したけれど、心身ともに傷を追い、一生立ち直れなかった方々もいるのではないかと思うと、その方々の一生を思ってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *