「長生きの国」という仮面をかぶって  9/5/10

September 5, 2010

今日9月5日付けのロスアンジェルス・タイムス(新聞)に、日本で現在大問題になっている、100歳以上の行方不明者の記事が大きく載っていました。行方不明者の数の多さも然ることながら、行方不明になっている年月の長さにも、驚かされます。どうやったら、何十年もの間、誰にも知れず、行方不明になる事が出来たのでしょうか。日本の誇る戸籍システム(アメリカにはそういったものはない)、市民目線のお役所仕事、町会などを通じてのご近所付き合い、そして一番大事な家族の絆は、どこへ行ってしまったのでしょうか。年金搾取していた家族にしても、どうやってそんなに長い間、隠しきれたのでしょうか。

都市部での孤独死や孤独な暮らし、又あふれる若い層の引きこもり問題が取りざたされる中、5年以内には、65歳以上が日本の国の人口の4分の1を占めるといわれている現状。これからの日本人の暮らしは、どうなっていくのでしょうか。そして政治が根本のところで、「軸ずれ」している今、全くどうなっていくやらーー、と思わざるえません。高度成長期の素晴らしい躍進、そしてバブルがはじけた90年代初期、そして長年続いている経済の低迷。戦後の日本の復興から現在に至る65年の間に生じた、国としてのストレス、「臭いものには蓋」的風潮、「臭いもの」にも関連するけど、問題を直視しないですむならそれが一番的な考え方、そういった様々なマイナス要因が少しずつ出てきている感じですね。素晴らしいところが沢山ある我が母国日本。ここいらへんで、物事きちんと見直して、本質に迫る解決を見出して欲しいものです。若い層でこういうものが流行っているからといって、何もその他の世代がそれに融合する必要は全くないです。中高年の良いおばちゃんたちが(これ、私の事ですよ!)、携帯のストラップにチャラチャラ何かつけたり、若い人がこう言っているから、こうしなきゃ、なんて思う必要は全くない!分かり合う必要はもちろん大事だけど、自分の軸を揺るがせる必要はありません。そうやって、世代を超えて刺激し合い、助け合い、暮らしをささえ合う。そういった、昔の縁側で下駄をぶらぶらさせながら、祖父母と語り合ったような暮らし。そしてそこには、蚊取り線香の匂いが、ちょっと煙いけどゆらゆらとしていたりしてーー。何も昔に戻れ!と言っている訳ではないけれど、日本人には日本人に合った暮らしの知恵、社会での生き方、長い歴史の中で培ってきた原理、基本、そして誇りがあるはずです。そういうものを、きちんと見つめて欲しいんです。何だか怒りを抑えきれずに、支離滅裂になった本日のブログ。まあ、こういう日も、私には沢山あるんです。それでは、今日も明るく、元気にいこう、とちょっと疲れた体に鞭打っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *