ピアノテクニックのメインテナンスに、ピッシュナ 10/11/10

October 11, 2010

車も定期的なメインテナンスが必要、電気製品も、お肌のお手入れだってあるし、爪のお手入れにとってもお金をかける人達もいる。そのように、一度身につけた事でも、そのレベルを保つために、いろいろと必要になってくるんですね。私は高校生の時にとっても良いピアノの教授に出会って、それまでやって来たテクニックの見直しなしには、次のステップにいけない事を言われました。本当に自分でもそう思ったので、一からいろいろやりましたが、その一つに、ピッシュナ(Pischna)というテクニック本がありました。この本は、ただ単に指を鍛えるというものだけど、これがとても良い。この本を一冊こなすと、約一時間かかるけれど、終わった時はすっかり指がほぐれ、指に神経が届き、良い状態になるんです。この本は、今でも私のピアノバイブルです。手の調子が悪い時や、何だか指がスムースにいかない時に、これを一冊弾きます。それを数日続けると、自分の手が確実に戻って来ますよ!でも一曲づつ、その目的を考えながら、指や手のどの部分に神経を集中させるのか、どの部分を鍛えているのか、を考えなければ、練習の意味がありませんけどね。毎日の指慣らしにも、最初の10曲ぐらいを、音階と一緒に使っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *