ショパン・シューマン、生誕200年記念コンサート! 11/9/10

November 9, 2010

昨日は、夜の雨も上がって、朝からとっても爽やかな秋晴れ。お昼間のコンサートを、私の大学内のバードホールで開きました。このホールは、木で内装が出来ていて、高い天井、そして外と内が一体となったような作りです。自由で、人を包み込むような空間。ここで、ショパン(1810-1849)とシューマン(1810-1856)を演奏。作曲家の人生や曲にまつわる秘話など、私の想いもお話ししました。

ショパンは、彼の作品の中でも完成度の高いバラード第4番(1842年作)。私はいつも思うんだけど、ショパンの後期の作品、例えば、この曲とか、ソナタの3番、ファンタジー、スケルッツオ4番、バルカロールなどの曲がきちんと弾ければ、一応人様に「ピアノやってます」って、言えるんじゃないかなーー。それぐらい、音楽性、テクニックともども、高度なものが要求されるんです。練習すればするほど、こうしたら、ああしたら、という発想が浮かんで、本当に終わりのない音楽の旅です。でも、本当に楽しい音楽一人旅ですよ!ままあの出来だったと思うーー。

そして、シューマンはロスアンジェルス交響楽団の友人達との、ピアノ5重奏曲(1842年作)。これは、シューマンの奥さん、クララがコンサートで沢山演奏して、とてもポピュラーになった曲です。今でも、室内楽の中でも頻繁に演奏される曲のひとつだと思います。とても良い仲間達と(写真も見てみてね!)、室内楽ならではの至福のときを過ごしました。クララと結婚した1840年は、歌の年とも言われるように素晴らしい歌を沢山作曲、翌年は交響曲に専念、そして1842年はシューマンにとって室内楽の年になりました。3曲の弦楽4重奏を夏に完成した後、この5重奏曲に取り掛かり、驚くべき事に、約20日くらいで仕上げたんです!出版前に友人宅で演奏したときに、何と大ハプニング!当日クララが病気になり、急遽ピアノを誰かに頼まなければならなくなったんです。誰だと思います??メンデルスゾーンです!演奏後に、メンデルスゾーンからシューマンに示唆した点が、いくつか改定され、出版となりました。この大物作曲家2人が関係しているピアノ5重総曲。このエピソードを考えただけでも、演奏するのがワクワクするとは、思いませんか?

私の次の課題は、J.S.バッハのゴールドベルグ変奏曲です。前から想いを馳せてきたのですが、忙しさを口実に一日延ばしにして来たので、今年後半から来年前半に、集中して勉強しようと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *