仕事部屋の価値  11/8/10

November 8, 2010

この秋、週末に大学で教える事が増え、教えた後に自分のレッスン室に残って、練習したり、勉強したりするようになったんです。これが、中々良い!学生達も余りいないし、静かな空間で、練習してます。週末、家で何かやろうとすると、スケジュール通りにいかず、効率がとても落ちる私。まあ、こういうのを、「意志が弱い」と一般的には言うのだけどね!それが、大学の部屋にいると、邪魔になるものが何もないので、勢いに乗って練習、調べ物が効率よく進むんです。窓の外を見れば、ちょっと素敵な中庭に噴水。これも、息抜きにはもってこい!ちょっとお茶でもーーと思えば、秋色に染まりつつあるキャンパスを歩いて、大学内のコーヒーハウスで。日曜日も主人のいない午後は(オーケストラは日曜日の午後がコンサート)、ちょこっと大学に行ってみる事もあります。それに、週末はコンサートホールが空いていることが多いので、そこでも練習したりします。作家の方達がホテルにこもる、とか、仕事部屋で書くというのは、もしかしたら、こういう事なのかなあーー、などと思っています。

私達にとって楽器の練習というのは、必須の事で、時にはまんねりになったり、効率悪く、先が見えないブラックホールに入ってしまうことも。フレッシュな気持ちで、新しい方向性を見つけながら、練習出来るようにしたいですね。皆さんも、練習に飽きたり、何か進歩しなくてイライラしたら、練習する順番を変えたり、自分を触発できるような方法を見つけたり、出来ると良いですよね!やっぱり、何と言っても、音楽をするのは、楽しいことです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *