持っているもの、と、持ちたいもの  12/17/10

December 17, 2010

隣の芝生ーーーではないけれど、我々は往々にして、持っていないものに目が行って、持っているものを忘れがちになる。例えば健康でいると、その事をすっかり忘れ、住むところがあれば、その事もどれだけ有難い事なのか、思う事もない。でも、このどちらも持てない人が、世界にどれだけいることかーー。自分自身でも、自分がやれる事が沢山あるのに、その事は忘れて、出来ない事、もっていないものにばかり、目がいく。これが、バネになって、将来に向けてがんばるという部分もあるけれど、大方は、それが愚痴になって、不満になり、くすぶりがちだ。特に落ち込んでいる時や、歯車がかみ合わない負のサイクルの時など、私は「持ってないものへの憧憬」で頭が一杯になってしまう。一緒に住んでいる主人にしても、急にアラばかりが目につき、普段のように明るく楽しくいこうぜ!、という態度が取れなくなってしまう。全く困ったものだ。クリスマスからお正月のこの時期、本質に目を向け、健康な心で過ごしたいものだ。そして、やはり、明るく、楽しく、前向きに、そうしていると、愚痴もどこかに忘れてしまうもの。持っているものへの感謝を忘れずに、もちろん挑戦の心も失わず、心の健康を保っていきたい。心の健康は、自分に対してもそうだけど、周りの人達に大きく影響するからーー。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *