深みにはまる相撲界  2/2/11

February 2, 2011

練習中に若いお相撲さんが亡くなり、次は大麻。そして野球賭博問題。これらどれをとっても、大問題であったが、土俵外の事だった。今回発覚した、取り組みにおける八百長は、今後どのようにして、信頼回復していけるというのか。名前が挙がっているのは、十両、幕内、親方など、私が長く応援して来た相撲取りばかりだ。相撲界を一掃、引き締める、などと、ここ数年取り組んできた大相撲協会、どうなってるんでしょうか。八百長は、相撲ファンに対しての、最悪の行為である。それも、かなりのお金がからみ、巧妙に、かつ軽く行われていたらしい。一人一人の自覚のなさ、長い間密室内で行われてきた相撲興行、どういう理由にしろ、頑張っているお相撲さん達がこれで、又とばっちりを受ける。若年で入る角界なので、力士養成が難しいと聞くが、音楽の世界だって、他のスポーツだって、調理師、植木屋さんなどの職人だって、若いころから修行を積む職種は、山ほどある。甘えがあるんじゃないの?と、言いたくなる。どういう対応をするにしろ、八百長に関与した全員は、相撲界から追放して欲しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *