忙しくも、感激、充実の日曜日   7/18/11

July 19, 2011

昨日の日曜日は、本当にいろいろな事があった。お相撲については、もう書いたけど、ね。まず、ロスアンジェルスでは、世紀のフリーウエイの工事があり、アメリカの中でも一、二を争う交通量の多い路線が週末閉鎖。数ヶ月前から、様々な予想が飛び、迂回路線の混雑を避けるように呼びかけがあり、誰もが予想出来ない事態に向けて”Carmagedone”と言われていた。ところが、予想大外れで、ロスアンジェルスのどこも混雑せず、”Carmaheaven”となったのだ。そして、皮肉にも、フリーウエイの工事が終了して、オープンした途端に、事故があり、その路線付近が大混雑。世の中の動きというのは、本当に面白い。そして、サッカー日本女子の感激の優勝。実は、午後3時から演奏があり、ゲーム観戦をあきらめていたところ、最後の数分だけ偶然見ることが出来、勝利の瞬間に触れる幸運に恵まれた!すごい事である。日本人は私だけの状況だったが(ということは、他はアメリカ人!)、本当に嬉しかった。演奏の前に、緊張して、暗譜を忘れるかもーー、などという悪魔のささやきを聞くこともすっかり忘れていた。今年に入ってから何度も書いているが、バッハのゴールドベルグ変奏曲を練習している。10月にある大事な演奏会の前に、今回は3分の2くらいを、サマーコンサートで演奏した。3分の2といっても、40分くらいを、休みなく、暗譜で演奏するのは、かなりの集中を要するし、対位法なので、両手が其々に主張。暗譜が不安にもなるのは、仕方ない(!)。演奏後は、お客様達とレセプションでお話。いろいろな質問もあり、おしゃべりをして楽しかった。実はこのお客様たちとの時間が、私は、大好き。

そして、夜は、ロスアンジェルスの夏の風物詩のハリウッド・ボール(野外劇場)で、プッチーニのオペラ”トゥーランドット”を、友人達とワインを楽しみながら、聞いた。(Dudamelの指揮で、キャストも素晴らしかった。)皆アメリカ人の友人だけど、日本の優秀を一緒に祝ってくれた。ロスアンジェルスの夏は、夕暮れすぎると、いっきに気温が下がり、毛布や厚手の上着が必要になる。そんな気持ちの良い夜風の中で、至福の時間が流れていった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *