スイカの皮   8/22/11

August 22, 2011

子供の頃、度々父方の祖父母の家に遊びに行った。夏休みには、長期に渡って、滞在。楽しい日々を過ごさせてもらったものだ。本当に感謝している。そんな夏休みの折、我々はご近所の親戚の家と分けて、良くスイカを食べたものだ。昔のスイカの皮はとっても厚く、もったいないので、祖母はそれを糠みそ漬けにした。ちょっと変わった食感で、美味しかった。昔の台所は、いつも暗くて、北向きの寒いところにあった。そして、その隅っこに樽が鎮座していたような気がする。今年の夏は、何故かスイカを頻繁に食べている。そして思ったのは、スイカの皮が本当に薄くなったことだ。これでは、漬物には到底出来ない。食べ物というのは、それにまつわる思い出も付いてきて、本当に楽しい。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *