桂 三枝師匠のお言葉 10/10/11 

October 10, 2011

忙しさにかまけて、本当にご無沙汰してしまいました。先日、バッハのゴルトベルク変奏曲の始めての演奏会が無事終わり、ほっと。次のこの曲の演奏会は、今月22日に、ロスアンジェルス・バッハ祭であります。この曲については、いろいろなところでお話していますが、ピアノ弾きとしては大曲であるとともに、夢の曲です。一生に一度は勉強して、演奏したいというのが、本音ではないでしょうか。これからも、いくつかの機会に演奏させて頂けるので、一回一回全力で望みたい、と願っています。

私は、伝統芸能や職人の方々のお言葉を聞くのが大好きです。何故かと言えば、音楽の勉強ととても似ているから。そして、運動選手の方々の、厳しい日々の鍛錬についても、聞くのが好きです。先日、何気なくテレビ(ジャパンTVで)を見てたら、落語の世界の方々がトークショーでご出演なさっていて、とても興味深かったんです。その中で、桂 三枝師匠のお言葉がずーーんと、来ました。三枝師匠の創作落語がとても面白くて、機会ある度に、楽しんでますし、司会などでも、温和で如才ないお話ぶりが、印象に深い方ですね。そういう中で、ご自身が創作落語に臨むときの姿勢、日々の精進の話になり、最後に「一生、自分との戦いです」と、おっしゃって番組が終了。そういう大変な思いがあっても、落語家はちゃらんぽらんに見られるからーーとも、おっしゃっていました。ああ、そういう私達から見えない面があって、落語家の方々の舞台があるのだなあ、と思いました。何だか、嬉しくなって(我々音楽家も同じ運命なので)、励まされた、一時でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *