左手に告げるなかれ 渡辺容子  講談社文庫

March 20, 2013

江戸川乱歩賞受賞作の、この本、すごい期待で読んだのだけど、設定はとても良いものの、文章の運びが時にまどろっこしく感じた。二転三転するドキドキ感もあり、女性保安士が主人公というユニークさもとっても良い。けれど、ちょっと洒落てみようとする表現が、自然でなく、せっかくのリズムを壊しているのが、残念だった。今後に期待しよう!と言っても、受賞が96年なのだから、もう中堅どころの作家なのですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *