からだ  乃南アサ   文芸春秋  4/18/13

April 18, 2013

乃南さんにすっかりはまった私は、次から次へと彼女の作品を読んでいる今日このごろです。体の部位、臍、血流つむじ、尻、顎の5つをモチーフにした、短編集。通常のイメージ力では考えられない、想像の翼を羽ばたかせ、それぞれに、素晴らしい短編に仕上がっている。確かに「臍」が話しの中に出てくるものの、一般に考えられる「おへそ」の雰囲気から程遠い、ホラー風になっていたり、「お尻」という一見可愛い存在が、その可愛さ所以に、とてつもないサイコの世界に誘っていた理。まあ皆様も、乃南さんの空想力と一緒に、遊んで見て下さい。もう、私は乃南さんの本から、離れられなくなってしまった・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *