凍える牙  乃南アサ 双葉社 4/10/13

April 10, 2013

サスペンス小説だけど、そういうシンプルな言葉で括り切れない、デイ-プなお話し。これもそういえば、バツイチ、30代後半のシングル女性が主人公。そして、悲しいくらいのド中年の相棒刑事、滝沢を、不思議な形で配置して(恋心というのでもなく、友情というのでもなく)、ストーリーをうんと面白くしている。話の中心にいるオオカミ犬については、想像の産物で、その能力は生物のそれを超えているので、これは、まさにファンタジー。この本も、とってもお薦めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *