今夜もベルが鳴る 乃南アサ  詳伝社文庫

May 8, 2013

これも精神に支障を持った殺人者のお話。「変身妄想」という病名が本当にあるのかどうかは分かりませんが、「ある特定の人物に憧れ、彼・彼女を模倣したい、あの人のようになりたい」、という願望から始まり、自分が誰だか分からなくなる、精神障害。この「変身願望」と「恋愛願望」を同時に描く(もちろん違う登場人物だけど)、恋愛サスペンスとでも言うのでしょうか。主人公のゆかりの行動については、若干疑問がもてないこともないけれど(何でわざわざ自分を危ない場面に放り込むのか。普通だったら、こんなことは絶対しないとか。)、電話線(古いコンセプトだねーー)を通じての恐怖が、本の全編に渦巻く。現在のネット社会の恐怖に比べれば、もしかしたら、救いようのある、恐怖かも、ね。などと、思う、携帯べったりの私です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *