日本でのコンサート、そして各地に旅行   8/3/13

August 3, 2013

久しぶりにゆっくり日本で滞在。楽しい日々を過ごした3週間弱だった。まずコンサートで、私の第二の故郷とも言える、秋田県大館市に行き、ゴールドベルグ変奏曲を思い出の教会で演奏。当時のピアノの先生がお世話して下さっての会で、お蔭様で沢山のお客様に来て頂いた。そこで、サプライズ!小学校の時のクラスメイトが来てくれ、短い間だったけれど、思い出話しが出来て、本当に嬉しかった。コンサートの夜は、先生のご家族とレストランで食事を。話しは尽きず・・・である。そして、東京に戻り、主人と落ち合い、名古屋から始まり、京都、広島、金沢と廻って、再び東京へ。人生で始めての日本縦断旅行。改めて、日本の素晴らしい歴史、文化、景観、食文化を感じる事が出来た。

名古屋では、待望の大相撲観戦を。興奮の2日間だった。現在の力士達の取り組みだけでなく、昔の大力士達が親方になって会場にいてお目かけするのは、相撲ファンの楽しみだ。一日目はウルフが解説に座り、カッコ良かったなあ・・・・ 大相撲の会場になっている愛知県体育館の周辺はお城あり、神社仏閣ありで、相撲観戦の前に訪ねてみたのも良かった。名古屋から、京都へ移動。全くの偶然で、祇園祭の宵山と山鉾巡行の時期に当たり、歴史的なお祭りを見れたのは感動であった。どの鉾も、まさに動く美術館。京都の深い歴史に触れる。お祭りの合間に、かなり(!)積極的に、お寺などを見て廻った。まず、東・西本願寺に始まり、京都御所、二条城、そして、嵐山へ足を延ばし、天竜寺、祇王寺、念仏寺、金閣寺、竜安寺、仁安寺へ。夜は祇園へ行き、昼間の暑さを忘れ、夜風を感じながら川のほとりを歩いた。京都出発の日、友人夫妻と会い、素晴らしい京都料理を味わう機会を頂き、本当に感謝。ここでも、楽しい話しにあっと言う間に時間が過ぎていった。京都の次のストップは、広島。宮島と岩国の錦帯橋を訪ねる。宮島は神秘の場所・・・なのだが、我々が訪れた時は、次第に干潮になる時間に当たり、鳥居は海の中に浮かぶ姿を見れたものの、肝心の厳島神社は干上がった海の上で、普通の神社(!)であったのは、多少残念。だけど、宮島で訪れた千畳閣は素晴らしい空間であった。そして、金沢へ。市内の兼六園や武家屋敷、お城だけでなく、かなり足を延ばし(!)、能登半島、そして白川郷や飛騨高山にも行った。それぞれに素晴らしい風景に出会って感動。最後の東京では、鎌倉を訪れ、中学時代の超仲良しグループと夕食、実家での両親・弟の家族との夕食。本当に充実した日本での日々であった。1000枚以上ある日本での写真から、選りすぐった(!)ものを、このホームページ上のフォトギャラリーに載せたので、そちらもどうぞ。帰国後すぐに仕事に復帰。コンクールの審査などをこなしたが、旅行中に怠けきった指をリハビリして、今日曜日にある小さな演奏に備えている私です!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *