新参者   東野圭吾  講談社  9/6/14

September 6, 2014

おもしろい!の一言ですね。下町の景色が、目の前に見えるよう。一章ごとに、背景を変え、登場人物を変え、あたかもお芝居のよう。素敵なことばかりの、東野さんの小説!そして必ずの人間の本質に関わる部分が出てくる。犯人には確固たる動機があるものの、それが中々表面に出てこない。一つ一つに状況証拠を積み重ね、真犯人に迫る。次が知りたくて、もう寝られなくなっちゃう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *