祈りの幕が下りる時  東野圭吾 9/6/14

September 6, 2014

これは、加賀恭一郎シリーズの一冊です。複雑に絡んだストーリーがおもしろくて、しょうがない!いくつもある秘密の扉をひとつひとつ開けていくみたい!これで終わりかな、と思うと又、すぐ目の前に次の扉がある。東野さん、本当にめちゃ頭が良い!日本の放射能問題にも鋭く触れ、「今っぽさ」も忘れていない(もちろん今だけの問題ではないのだけど)。話の構築性に、説得感があって、ばっちり!おもしろすぎます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *