ナニカアル  桐野夏生 新潮社  10/19/14

October 19, 2014

これは、林芙美子の生涯を小説化した、桐野さんの力作。芙美子の強さと才能を、恋愛と絡めて、激しく迫っていく。読んでいる間にすべてが本当に起こったかのような錯覚に陥る。最高のロマンスなのか、すべてが創作なのか。。。芙美子の生涯をあらゆる角度から調べ尽くした上での、フィクション。桐野さんへの尊敬が、又大きくなった作品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *