作曲家との対話 12/10/14

December 10, 2014

新しく勉強する曲、そして学生の時に勉強して、何度となく取り出して弾いて来た曲。どの場面でも、素晴らしい音楽を、この世にを送り出してくれた作曲家達との対話がある。楽譜のページには、音符が並び、記号が点在し、強弱、感情を表現する言葉で埋められる。「そこは、優しく」とか、「早く、そして激しく」とか、「遠くに一人ぼっちになるように」とか、様々。手のサイズは皆違うから、自分に弾き易いように、指使いを長い時間をかけて決めていく。以前に演奏した曲では、再考して、変えることもしばしば。そして、だんだんと曲が仕上がっていく。これは、本当に長----いプロセス。これに、暗譜が加わる訳だけど。このプロセスの間に、次第に自分が自然に音楽に溶け込んでいけるようになる。あくまでも、自然に。音楽に真摯に向き合うと、難しいテクニックへの攻略法が見つけられるのも、面白い。ちょっとした音符と音符の陰に、作曲家の秘密のメッセージがまぎれていることもあるし、真剣に楽譜と向き合っていると、ページから自然に語りかけられることもある。

音楽を勉強することに、終わりはないし、完璧もない。明日はきっともうちょっとましになるように、今日がある。現在来年に向けて、新しいレパートリーを勉強中。木曜日は、新旧取り混ぜたプログラムで演奏する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *