マスカレードホテル 東野圭吾  集英社 4/5/15

April 5, 2015

東野さんのすごい才能で、読者を強く引っ張っていく、かなりの長編だ。そして、ホテル業界の奥へ、ずんずん入っていく。そこで、起きる数々の人間ドラマ。事件だけでなく、ホテルの日常をドラマチックに書いている。面白いし、やめられなくなるのだが、結末というか、事件の動機が、私にはちょっと弱い気がした。450ページの本を読み進むと、それなりに愛着が湧き、最後への期待感が膨らむもので、長旅を共にした本の最後が、「こんな動機で、大それた事件を起こすだろうか。。」という感じ。でも、東野さんの文章力のすごさに、私は今回も魅了され続けた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *