クロイツエル・ソナタ  夏樹静子  講談社  6/28/15

June 28, 2015

この題名、ちょっと素敵だと思いませんか。特に、音楽家の私には、ビビッと来ましたね。だけど、東野さんや、宮部さんの推理小説に慣れ親しんでいる私。夏樹さんには、大変申し訳ないけれど、一つ物足りなさを、感じえませんでした。本当にごめんなさい。ストーリーの根底にある、怨念や複雑化した養子問題などが、良い伏線を張りそうなのだけど、何故か、余りストーリーに入り込んでいかないんですね。文章も良いのだけどね。。。読者をぐいっと、引っ張ってくれない、なんて贅沢な悩みを語っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *