火花 又吉直樹 文芸春秋社  11/18/15

November 18, 2015

まさに、大ヒット作。どうしても読んでみたかった。僕と先輩お笑い芸人の話で、まあ日本人なら知らない人はいない本だと思う。大尊敬する神谷さん(先輩芸人)と僕(徳永)の、とても刺激的で、かつ何だかとてもせつなく悲しい物語。真実を追求することが、そして「自分」である事が、こんなにも苦しいことか。お笑いの世界を描きつつ、180度違う心模様なのだ。どんな世界でもそうなんだけど(音楽もね!)、まあ傍から見るのと、その世界の中心から見るのでは、全く見えるものが違うってこと。文章で言うと、テンポが良い。表現がとびぬけてる。エネルギーのアップダウンが最高。物語の最後にフォルテッシモ(音楽で使う用語で、かなりの音量を指す)を持ってくるのも、とっても良いと思った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *