まほろ駅前多田便利軒  三浦しをん 文芸春秋社 2/16/16

February 17, 2016

三浦しおんの本、2作目。「月魚」でも書いたように、私はすっかりこの人の世界にはまってしまっている。まずこの作家、大天才的に、登場人物を命名する。この本の中の、行天春彦や三峰凪子、とか、「月魚」の真志喜や瀬名垣。名前だけで、もうぐぐっと来てしまう、すごさ。確かこの本、直木賞受賞しているんですよね。「賞」を取っても、その後鳴かず飛ばずの作家もいますが、三浦しおんさんは、すごいことになると思います。いまでも、すごすぎるけど、ね!この本について、何からお話しして良いやら。。「寅さん」的な、人情ものとも言えるんだけど、発想がぶっ飛んでいるし、文章の切れが最高。是非是非、読むことをお薦めします!これからしばらく、この作家の「追っかけ」になる、私です。