風が強く吹いている  三浦しをん  新潮社  3/15/16

March 15, 2016

これは、まさに「スポ根」ものだけど、三浦しをん流。そして、最高のストーリーだ。とても、長編。そして最初から、最後のページにむけて、だんだんと音量を増して、「彼方へ」の章で、それが、最高潮に至る。ここは、涙を誘うところだ。やっぱ、青春って良いなあ。仲間って良いなあ。っと、思わせてくれる。だけど、臭くなく、ね。三浦しをん、すごい!