神去 なあなあ 夜話 三浦しをん  徳間書店 4/25/16

April 25, 2016

平野勇気の日記、第二話。「神去 なあなあ 日常」からの続編だ。勇気は、すっかり村の生活にも慣れ、車の運転も出来るようになった。山道だって、平気だ。村で唯一の若い女性への、アタックもする。どんどん、強くそして、生き生きとする勇気。読んでいる私も、ひっかき傷作りながら、山仕事に励んでいるような気分になった。とっても、素敵な青春物語。幻想的な村の神話も、信じられないようなものだから、反ってカッコよい。勇気がんばれ!