神去なあなあ日常 三浦しをん  徳間書店  4/11/16

April 11, 2016

三浦しをんの新しい境地!林業ものである。ファンタジーでもあり、就活ものであり、過疎化の村おこしであり、恋愛ものであり、三浦さんの新しい引き出しから、次々出てくる。メチャ面白い。どの本を取っても

すべて新しい顔があり、新しい切り口がある、三浦さん。大天才!!この本読んで林業に進む、我が日本の若者がいることを、深く願っています。一生かけて情熱注げる仕事に就けた人は幸せ。そして、これしかない!という大大好きなことが

見つかった人は超幸せ。