ウインクで乾杯 東野圭吾   祥伝社文庫  6/1/16

June 1, 2016

私の大好きな作家の一人、東野圭吾さん。私の目が、星だらけになっているの、見えます?彼の代表作(私の中では)「手紙」や「赤い指」のような、随分前に書かれた作品もあるけれど、どうしてどうして、天才というのは、その才能をどんな時にも隠しようがないんですね。この本は、お洒落、洒脱、快活。推理小説に必須のおひねり(!)もあって、後を引かれながら、一機に読んでしまいました。