ライン  乃南アサ  講談社文庫  6/28/16

June 28, 2016

今や当たり前のネット遊びだが、このお話しはそれが誕生して、まだ間もないころのものだ。問題提起したともいえるし、テクノロジーの先にあるもっと深刻な問題をすでに読んでいたともいえる。とてもするどいのだけど、こういう時代物は、そのときが過ぎてしまうと、ちょっと色褪せ感がなくもない。推理小説仕立てになっているので、その辺でスリルを味わうのも良いかも。私、乃南アサさん、好きです。