高校入試  湊かなえ 角川書店  9/23/19

September 23, 2019

大作です。高校入試にまつわる、ヒューマニズム的観点からの問題提起に、推理小説の醍醐味、ネットの陰湿さ、三角関係まで加え、読者をどんどん引き込んで行きます。最初に、人物相関図を巻頭ページに載せて頂き、感謝致します。ストーリーのテンポの速さと、人物の絡みで、これなしには、平凡な私の頭では、筋を追っていく事が出来なかったかも・・しかし、凡頭の私ですが、最初から何故か、この人物が、「事の中心」にいるな!というのは、分かりましたよ(ちょっと自慢!)。私自信も「教育」の現場にいるので、今更ながら、ネットという巨大なパワーに翻弄されながら生きている、若者達の現状を考えました。日本の状況は分からないけれど、ネガテイブなネットの話題が出尽くし、ネットが「当たり前」になっている今、どうやって距離を置くか、どうやって「自分」を確立するか、どうやって自分の人生掴むのか、きちんと考えられる強さを持ってもらいたいものです。アメリカでは、入試に纏わる大きなスキャンダルが(大学入試に必要なテストの点を、加算する)、高所得層とセレブの間で問題になり、最近ひとりの親に実刑が言い渡されました。「入試」というのは、魔物であり、それに臨む側への、逆挑戦でもあると思います。この本の最後に、「満開の桜の花も数日経てば散ってしまう。だが、それでその樹が終わってしまうわけではない。来年も、再び花が咲く。花が咲くのは人生に一度きりではない。今年咲かなくても、来年咲かなくても、いつか必ず、花が咲く日がやってくる・・」という一文があります。今、花が咲かない状況にいる人にとっては、そんな事簡単に言わないで欲しいと思うかもしれない。だけど、花が咲く日を心の中で想う事は出来るはず。そして、そこから元気になる事もできるはず。スタート地点は、自分で作れると思う。