優しい音楽 瀬尾まいこ 双葉文庫 10/5/19

October 5, 2019

藤堂志津子から、これまた一転。とっても日本的だけど、スタンドポイントが、全然違う。3編の短編からなる、とても憧れてしまう恋愛小説。優しいけど、ナヨナヨしていない主人公達。文章が、自然体で、とても爽やか。3編とも、人生の苦悩を扱っているのだけど(優しい音楽ー家族の死、タイムラグー不倫と障害、がらくた効果ーホームレス問題)、それが、ちっとも重くない。重くないどころか、ダンスでも踊りたい気分にさせてしまう。それは、強さと自信なんだろうな・・そして深い思いやり。つまり、愛。瀬尾まりこさんの初めての本だけど、これからも折に触れ、他のご著書も拝見させて頂こうと思っている。