Biography (English and Japanese) and Reviews

Junko Garrett

Japan-born Junko Ueno Garrett has captivated audiences around the world with her colorful tone, poetry, expressiveness, dynamic technique, and wide range of repertoire. She began playing piano at the age of three, trained at the prestigious Toho Gakuen School of Music in Tokyo studying under Professor Hiroshi Miura, and received a Doctor of Musical Arts Degree from Rice University’s Shepherd School of Music studying under Professor John Perry in the United States. Junko received “The Japanese Consul General’s Award” for her contributions to international relations and understanding between countries. She was chosen to tour to celebrate the 150 years of Us-Japan relationship and the 125 years of Brazil-Japan relationship.

In 2018-19 season Junko started with the concert appearances at Lyon International Summer Music Academy and Fetes Correziennes en Musique in France, and was at Hong Kong International Music Festival as a juror . From October to May she will focus on the music of Beethoven including Piano Concerto No. 2, Three Sonatas for Cello and Piano (Op. 5 No. 1, Op. 69, and Op. 102 No. 2), Three Piano Sonatas (Op. 31 No. 3 “The Hunt”, Op. 53 “Waldstein”, and Op. 109), Ghost Trio Op. 70 and Piano Quartet Op. 16, and Waldstein Variations for Piano 4 hands at Third@First Concert Series. She frequesntly performs at LA Phil’s Chamber Music series and major concerts series around Los Angeles area. (details at www.junkopiano.com) The summer of 2019 she will return at Lyon International Summer Music Academy.

Under the culture exchange program of the Japan Foundation, Japanese Embassies and Consulate Generals of Japan she has toured South and Central America in 2018, 2015, 2010, 2008, 2006, 2002, and 1999, including Brazil (Mozart Concerto No. 23 with Orquestra de EMBAP), Venezuela (Saint-Saens Concerto No. 2 with Orquesta Sinfonica Venezuela under Alfredo Rugeles), Ecuador (Chopin Concerto No. 2 with Orquesta Sinfonica Nacional de Ecuador under Medardo Caisabanda), Colombia’s Teatro Colón and Boyacá International Cultural Festival, Rio de Janeiro’s Musica no Museu at Mosteiro de Sao Bento, Brazil-Curitiba’s Capela Santa Maria, Argentina’s Teatro Gran Rex, Brasilia’s Teatro da Caixa, Peru’s Sociedad Filarmonica, Uruguay’s Auditorio Carlos Vaz Ferreira and Teatro Miguel Young, Costa Rica’s Teatro Eugene O’Neill, El Salvador’s Teatros Nacionals des San Salvador and Santa Ana, Cuba’s Basilica Menor del Convento, Chile’s Centro Cultural Las Condes, and Mexico City. In 2018 and 2016 she toured East Coast and Mid-West of U. S. under the Japan Foundation’s culture program.

Her other engagements include performances at Radio France; French Festivals in Turenne, Chambre and Treignac; Le Chateau de Sedieres; Washington D.C.’s Kennedy Center; New York’s UN, Charles Wang Center and Flushing Town Hall; Boston’s Berklee College; San Francisco’s Japan Center; Kansas City’s Carlsen Center; Denver’s King Academic Performing Arts Center; Salt Lake City’s Libby Gardner Concert Hall; Tampa’s Carrollwood Cultural Center; Georgia’s Falany Performing Arts Center; Houston’s Texas Music Festival; Tucson; Indiana; Fairbanks; Philadelphia; Atlanta; Idaho Falls; Shreveport…. In the summers of 2009 and 2007, at the invitation of the U.S. State Department, Junko toured in Japan as part of the Belrose Duo, performing and lecturing on American music in Tokyo, Osaka, Nagoya, Kobe, Okinawa, Sapporo, Tottori, and Fukuoka. Other activities include concert tours to India introducing Western Music to Indian audiences. She often gives masterclasses where she performs, and give recitals at universities.

She is a president of Pasadena Chapter of CAPMT/Music Teachers National Association and a frequent adjudicator for MTNA, CAPMT, MTAC, Southern California Junior Bach Festival, and Southwestern Youth Music Festival. She is a program coordinator of Third@First Concert Series in Los Angeles. Junko holds a faculty position at Occidental College, and is a chamber music coach for JCM. She is a Kawai artist and lives in Los Angeles. Junko is a passionate Sumo advocate and a founder of the Los Angeles Sumo Fan Club.

Reviews

La Montagne, France           “An Artist of Exceptional Talent and Skill…..”

La Prensa, Argentina             “Technically very strong, elegant interpretation, lyrical and virtuoso…”

La Nacion, Argentina                 “Elegantly played, deeply thought….”

Noticiero del Plata, Argentina   “Perfect Technic, Beautiful Tone, Most Delicate….”

Impresso, Rio de Janeiro, Brazil     “Very Expressive…”

El Tiempo, Colombia                 “She has great technique and musical ability…”

Ussel, France                              “Exceptional Talent…..”

San Antonio Express-News, Texas, USA   “Virtuosic and committed…”

Japan-America Society           “Dramatic Conversation on piano…”

Chiba-Nippo, Japan                “Fantastic Performance…..”

Kanagawa News, Japan        “Technically Polished, Beautiful Interpretation….”

 

プロフィール

古典から現在までの幅広いレパートリーを持ち、音色の美しさと表現の深さ、そしてテクニックの確かさで、アメリカを中心に、ヨーロッパ、中南米、アジアで活動をするピアニスト上野淳子ギャレット。彼女の音楽活動は、常に進化している。近年は、ピアソラのタンゴとクラシックの曲を組み合わせたプログラム ”Tango, Soul and Passion” が大好評、各国で演奏を展開している。3才よりピアノを始め、東京都立芸術高校音楽科ピアノ専攻、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻を卒業後、アメリカのライス大学にて音楽博士号を取得。現在ロサンジェルスに拠点を置き、幅広い演奏活動の他に、自らもコンサートをプロデュース。又、大学で教えたり、全米の音楽教育の団体MTNAのロサンジェルス支部長も務め、音楽教育の振興にも力を入れている。その一環で音楽コンクールの審査員としても、様々な場で活躍。日本国総領事より、日本と各国との文化交流への尽力に対して表彰を受ける。ピアニストとして、日伯修交125周年の記念コンサートツアー、日米修交150周年記念事業公演ツアーの演奏者に選ばれ、日本の音楽を中心に演奏した。日本の国際交流基金から中南米の諸国に度々派遣され、現地大使館、領事館との共催で、日本の音楽の紹介を軸に、様々なプログラムで演奏、レクチャー、公開レッスンを展開、大きな反響を得ている。又、2016年に、相撲への情熱から、ロサンジェルス相撲愛好会を立ち上げ、場所毎に例会を主催している。

2018-19年のコンサートシーズンでは、ベートーベンに光を当て、協奏曲、ピアノソナタ、チェロとピアノのためのソナタ、室内楽、連弾などのプログラムを演奏予定。又、スペイン音楽とピアソラを組み合わせたプログラムも演奏予定である。

近年のアメリカ国内公演では、ワシントンDCのケネデイー・センター、ニューヨークの国連やニューヨーク大学、ロスアンジェルスのデイズニー・コンサート・ホールやバッハ音楽祭(ゴールドベルグ変奏曲)、サンフランシスコの日本センター、ボストンのバークリー音楽院、カンサス・シテイ―のカールセン・センター、デンバーのキング・アカデミック・文化センター、ユタのリビー・ガードナー・コンサートホール、フロリダのキャロルウッド・文化センター、ジョージアのフェラニー・コンサートホール、アリゾナ、アラスカ、インデイアナ・ヒューストンなどでの、演奏がある。

アメリカ国外では、香港国際音楽祭、リオン国際音楽祭、ラジオ・フランス、フランスのセジエール音楽祭、シャンブレ音楽祭、チュレーン音楽祭、ベネズエラ国立交響楽団とのサンサーンス・ピアノ協奏曲2番、エクアドル国立交響楽団とのショパン・ピアノ協奏曲2番、コロンビアのコロン劇場、アルゼンチンのグラン・レックス劇場、ペルーのオーケストラ協会、コスタリカのユージン・オニール劇場、リオデジャネイロの美術館コンサートシリーズ、ブラジリアのカイハ劇場、キューバのメントー聖堂、エルサルバドルの国立劇場、ウルグアイのフェレイア劇場、メキシコなどでの、演奏がある。

現在まで3度、アメリカ連邦政府よりの招聘にて、ベルローズドウオ(夫でチェリストのデイビッド・ギャレット-ロスアンジェルス交響楽団在団-との2重奏)として、日本縦断コンサートツアーを行い、札幌、東京、大阪、神戸、名古屋、福岡、沖縄でアメリカ音楽を演奏・講演し、日本の聴衆も魅了した。又、インドより招聘を受け、西洋音楽の紹介に2度訪問、演奏・公開レッスンなどを行なった。

本ホームページでは、ブログを公開して、相撲談義、本や映画の批評、料理など、音楽を離れたところでも、楽しんでいる。

 

 

 

English Translation

3才よりピアノを始め、東京都立芸術高校音楽科ピアノ専攻、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業後、音楽博士号をアメリカのライス大学にて取得。現在まで、音色の美しさと表現の深さ、幅広いレパートリー、そしてテクニックの確かさで、世界の様々な都市で演奏活動を行う。 2012-13年のシーズンでは、オーケストラとの共演で、ベートーベンのピアノコンチェルト4番、コーラル・ファンタジー、ソロコンサートでは、ここ数年取り組んでいるバッハの音楽で、イタリア・フランスの影響を受けた曲によるプログラム、ゴールドベルグ変奏曲などを、多彩な室内楽とともに演奏中である。近年のアメリカ国内公演旅行では、国際交流基金、日本大使館、日本総領事館よりの招聘にて、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントン、ボストン、ヒューストン、カンサス、デンバー、ユタ、アリゾナ、アラスカ、インデイアナ等で日本の音楽を演奏・レクチャー。又、日米修交150周年記念事業の一環としてもアメリカ各地で演奏する。 国際交流基金のプログラムにて、2010年、2008年、2006年、2002年、1999年、中南米各国、キューバ・ハバナ市、アルゼンチン・ブエノスアイレス市、ブラジル・サンパウロ市、リオデジャネイロ市、ブラジリア市、ポルトアレグロ市、メキシコ・メキシコシテイ、エル・プエブロ市、ペルー・リマ市、コスタリカ・サンホセ市、コロンビア・ボゴタ市、トゥンハ市、ウルグアイ・モンテビデオ市、エクアドル・キト市、ベネズエラ・カラカス市、エルサルバドル・サンサルバドル市にて、演奏旅行。「日本ピアノの旅-日本のピアノ音楽の100年」、「武満徹の音楽」、「音楽-東洋と西洋の出会う時」、「世界の旅をピアノと共に」等のプログラムを演奏・講演し、大きな反響を呼ぶ。2009年、2007年、2005年には、在日本アメリカ大使館とアメリカ連邦政府よりの招聘にて、ベルローズドウオ(夫でチェリストのデイビッド・ギャレット-ロスアンジェルス交響楽団在団-との2重奏)で、日本縦断公演。アメリカ音楽を演奏・講演し、好評を得る。2000年初頭、在ヒューストン日本国総領事より、日本と各国との文化交流への尽力に対して表彰を受ける。 地元ロスアンジェルスでは、ロスアンジェルス交響楽団のコンサートシリーズ、各大学・ライブラリー・教会等のアーチストコンサートシリーズにて、室内楽とソロ演奏の両方に忙しい毎日を送る。私立オクシデンタル大学にて教鞭を取る。1991年アメリカデビュー、1992年南米デビュー、そして1994年フランスデビュー、1996年再びフランスへ、ラジオフランスでの公開演奏も行う。1995年、ベルローズドウオにて日本での演奏活動を再開。それ以後毎年、2重奏及びソロの演奏で、北海道から沖縄まで幅広い地域で演奏活動を展開している。2004年、2005年には、インドへもクラシック音楽の普及の為、演奏・公開レッスンに行く。 CDリリースは、ソロで「ピアノの詩」、「アメリカのピアノ音楽」、「日本のピアノ音楽100年」、ピアノ3重奏にて2枚の日本の童謡シリーズのCDがある。ジョン・ペリー氏、ロバート・ルー氏、三浦浩氏、金澤圭子氏らに師事。カワイアーチスト。ロスアンジェルス在住。