Blog and Book Reviews

サロメ Salome 原田マハ 文藝春秋 11/20/19

November 21, 2019

サロメの世界に浸ったここ数日。フィクションなのだけど、何だか自分もロンドンの町を闊歩して、オスカー・ワイルドや、ビアズリー姉弟とサロメを語っている感じ。強烈な小説である。オスカー・ワイルドの小説を読んだことがなくても、オーブリー・ビアズリーの挿絵は見たことがあると思う。一度見たら、決して忘れないサロメのイメージを、深く我々の中に残す空恐ろしい絵の数々。特に、サロメがヨカナーンの首を持っている絵は(この本の表紙にも使われている)、不思議な笑みが狂気の世界を映し出す。サロメを中心に、芸術に突進するオーブリーの才能と、それを支える姉のメイベル。ワイルドを取り巻く人間関係と、当時のロンドンの街が、独特の世界観で書かれた原田マハの力作。

沈黙のパレード 東野圭吾 文藝春秋  11/15/19

November 18, 2019

再び、湯川、草薙、内海のコンビで、町の人気食堂の看板娘の失踪、殺害の謎に挑む。複雑に絡む復讐劇と、20年前から続く怨念の事件。狂気に狂った殺害者の背景から、今に至るまでの殺人記録。将来を嘱望された娘が殺害されなければいけなくなった経緯を、湯川の頭脳で紐解いて行く。殺人者は特定されているのに、何故かそこに手が届かない。そして、最後のどんでん返しのドンデン返し。いつもながら、東野さんは、我々の気持ちを捕まえて、最後のページまで、ハラハラ、ドキドキで読ませてくれる!

A Movie “Pain and Glory” 10/31/19

October 31, 2019

It is a fantastic movie. Human being is vulnerable and precious. How wonderful we are! It is a biographic (not a true story) movie of a celebrated director, Pedro Almodóvar. He wrote and directed this movie. Every so often in “Pain and Glory, ”Salvador Mallo (Antonio Banderas), a film director in his physical decline, closes his eyes and drifts away. He’s gravely depressed, and his body has so much trouble. The story goes back and forth between the reality, and his past, his childhood in 60s, his adult love in Madrid in 80s, and breakups and his mother’s recent death. His only therapy is to write. But he can’t function. It is difficult of separating from one’s own life and about the passions that give it meaning and hope. Actually the passion is holding ourselves together. In recovering his past and addiction, Salvador finds the way to reconnect to himself again and to create his passion for his salvation.

 

 

デトロイト美術館の奇跡 ”DIA: A Portrait of Life” 原田マハ 新潮社 10/31/19

October 31, 2019

アメリカ中西部には頻繁に行くけれど、まだこの美術館には足を向けたことがない。チャンスがあれば、是非行ってみたいと思う。まさに、美術館とそれを愛して止まない人達の、「奇跡」のお話し。原田さんのアート愛が、ひしひし感じられる一冊である。一枚のセザンヌの絵を巡って、お話しは始まり、終わる。本の表紙にその絵、「画家の夫人」があり、我々読者に、語りかける。様々な人の絵に対する、解釈、思い入れが章ごとに描かれ、我々読者も深く絵の中に入って行く。読み始める前に見た「画家の夫人」と、読後に見た「画家の夫人」は、心なしか違う人のようにも見える。一枚の動かない「絵」が、こんなにも雄弁であるとは・・

ロマンシェ “Romancier” 原田マハ  小学館 10/31/19

October 31, 2019

私の中では、この本は「Best of 2019」。余りの魅力に、今でも私の頭はクラクラ!このスピード感。お洒落なチャラ感。超どでかい才能とそれを受け入れる愛。激しい思い込みと、集中。アートを愛して止まない、原田マハさんの、渾身の一作だ。現実に東京であった展覧会と原田さんがこの本を執筆なさったパリの「idem」。設定も素敵だし、本当に飛んでいる!私もフランスには、親しい友人もいるし、割と行っているし、何だか他人事とは思えない。わあ・・・心ごと、鷲掴みにされた私。最高!

幸福な食卓 瀬尾まいこ 講談社 10/31/19

October 31, 2019

「父さんは今日で父さんを辞めようと思う。」という冒頭の一文。どう思います?淡々と言わせているけれど、実はとっても深くて、重い。ここに至るまでの、「父さん」の葛藤いかに!そしてもちろん、次のページに「父さんを辞めるってどういうこと?」という娘の言葉が続く。この本は、この大きくて、でもどこにでも転がっている、基本的な役割から自由になること。そして、不自由になること。そして気持ちの伸縮性というのか、自分感というのか、つまりは、「愛」に完結される、と私は思うんです。素敵な本ですよ!

望郷 湊かなえ 文藝春秋  10/31/19

October 31, 2019

望郷という言葉から自然に浮かぶ、暖かな想いと裏腹に、その奥底に潜む様々な状況を、時にはダイナミックに、時には切なく描く。そして、最後のどんでん返し。誰もが予想もしなかった(多分!)展開に驚くも、そうか・・と納得。全てのパズルが、はまるところに収まる。凄腕の書き手、湊さんの秀作だ。

Mozart: Piano Concerto No. 9 in E-flat Major, K. 271, “Jeunehomme” 10/15/2019

October 15, 2019

I have been practicing and polishing Mozart’s concerto No. 9, which is one of the first master works by Mozart, for the opening concert of 2019-2020 3rd@1st concert series. I have been trying to play with perky and transparent sound, and with true finger legato. It is not easy. It requires a great care for balance between hands and sensitive finger tip touch. But how fun it is to play this master work! This concerto has an unique nickname “Jeunehomme” because it has been said to have been written for a somewhat mysterious French pianist, Mlle. Jeunehomme!! In a letter to his father after finishing the piece, Mozart referred to it as having been written for someone named “Jenomy” and his father referred to her as “Madame Genomai.” Early in the twentieth century, two French scholars—unable to find further information about her—decided that the name was Mozart’s misspelling of Jeunehomme and that she must have been a traveling virtuoso—yet one of whom no one had ever heard. This name was copied uncritically throughout most of the century. And after so many years, we were OK to call it without a true meaning! But in 2003 Michael Lorenz, a Viennese musicologist, discovered the answer to this unique mystery:

—-Mozart clearly met the pianist in question on Salzburg in 1777 when he wrote the Concerto for her. The following year, from Paris, he wrote to his father about meeting with the choreography Jean Georges Noverre, with whom he was planning a ballet, adding “Madame Jenomé is here as well.” The title “Madame” indicates that “Jenomé” is the lady’s married name (so she was not Mademoiselle Jeunehomme). She was in fact Noverre’s daughter, named Louise Victoire, a fine amateur pianist. In 1768 she married Joseph Jenamy, a wealthy merchant in Vienna. So instead of having found inspiration for his breakout work in the person of a completely unknown traveling virtuoso, Mozart found it within the family of a professional colleague with whom he proposed collaborating.—–

Now I don’t need to feel too bad about my imperfect English spellings and grammars!

This concerto offers a great range of emotions and technique. Certainly Louise Viotoire was a virtuoso pianist to handle all of difficulties! The second movement reminds me the concept of “word-painting”. In this movement Mozart shows his genius mind to portray emotions which relates to his opera composer life. The finale is a rondo movement, but not a usual one. It has a lengthy minuet and 3 cadenzas with some alternatives.

This concerto will be paired with Mozart’s Requiem, combining 4 choirs. Admission is always free at 3rd@1st concerts so that all may attend. The details will be found at www.thirdatfirst.org.

 

いのち 瀬戸内寂聴 講談社 10/14/19

October 14, 2019

95歳で書き上げたというのが、謳い文句の小説。ご本人もインタビューで、宣伝文句に95歳が強調しすぎている・・まあ、売れるためには・・などとおしゃっていますね。「作家」という職業の業というのか、ペンに命を注ぐ作家仲間の人生が、生々しく、そして、真摯に書かれています。生きることが書くこと、人生のパートナーも書くことの一部。全てを巻き込んでの、作家人生。河野多恵子と大庭みな子の両作家との交友録も、その幅の広さ、苦しさも入れた正直さに、こちらも胃が痛くなるよう。作家業に生涯を捧げた95歳の瀬戸内寂聴の叫びが、こちらにもひしひしと伝わって来ました。

カフーを待ちわびて 原田マハ 宝島社 10/14/19

October 14, 2019

物語とは言え、こんなに人から想ってもらえたら・・・と、「ラブストーリー大賞」に輝いた作品を、少女に帰ったような気持ちで読みました。沖縄の持つ不思議な魅力に、朴訥な主人公のキャラクターが絡まり、シーサーが待つ横丁を歩いているような気分に。現実味のない設定ゆえに、こちらの想像力をうんと駆り立てます。しばし、ラブファンタジーに浸りたいなら、お薦め。文章のテンポもとても良いですよ!