Blog and Book Reviews

ロサンゼルス発 熟年スモジョ「どすこい日誌」ー 正代関、幕内優勝、そして大関昇進おめでとう 2020年9月27日

September 27, 2020

正代関、幕内優勝、そして大関昇進おめでとうございます。郷里熊本だけでなく、日本人すべての希望であり、星です。飾らず正直な人柄に、いつも自然体でゆったり構えているところ。そして、今場所は、更にパワーアップした立ち合いに、並外れた身体能力。今場所15日間、我々ファンを魅了し続けました。すも友のT子女史と、毎日ドキドキしながら、応援していました。今までは、正代関が負けると「正代、人が良いからなあ・・・」などと、言っていたのですが、今場所は顔つきも違うし、土俵に上がってくるときのオーラがすごかった。「やってくれる」という思いで、15日間土俵を見つめていました。

相撲の伝統として、故郷に錦を飾り、故郷を背負って戦うというのが、あります。力士にとって、出身地は切っても切れないもの。取り組みの紹介でも、必ず出身地を言いますね。朝乃山関が優勝、大関昇進した時もそうでしたが、今回の正代関も地震や水害で疲弊している故郷熊本に元気を与えました。ご両親を含め、地元の方々がどんなに喜んだ事でしょう。私もくまモンと正代の字が入ったマスク、欲しいです!私は外国人力士、日本人力士と分けて考えるのは好きではありませんが、故郷を元気付けるという観点で、やはり意味があるんだなあと、思わずには要られませんでした。だからこそ、今場所は、我々ファンの心に、火がついたんだと思います。

正代関の名前、正代直也。「正直」です。名は体をなすとは、良く言ったもの。千秋楽の一番で、翔猿関を破った後に、花道の奥で付け人と涙を分けち合ったのも良かった・・力士として大きな地位についても、どうぞ今のままの飾らない人柄でいて下さいね。

今場所は、怪我で苦しむ経験力士と、元気の良い若手力士の明暗が顕著に出た場所でした。怪我をしない相撲の取り方、体の鍛え方を、是非是非推奨して頂きたいです。そして、内臓疾患にも、きちんと向き合って欲しいものです。北の富士さんのコメントにもありましたが、確実に相撲人生が長くなっている故。北の富士さんの頃は、32−3歳で引退が普通だったとの事でした。長い相撲人生、体に負担がかかるのは当たり前ですが、基礎練習などで、それに耐える体を作って頂きたいです。

私事ですが、来場所からロサンゼルス相撲愛好会も再開予定です。中日に集まって、相撲談義に花を咲かせるのを楽しみにしています。最後になりましたが、全力士の皆さん、親方衆、NHKのアナウンサーの方々、15日間本当にありがとうございました。

ロサンゼルス発 熟年スモジョ「どすこい日誌」 2020年9月23日

September 23, 2020

長年大相撲を熱烈に応援して来た私だが、今場所のような変速的な15日間もハッキリ言って珍しい。両横綱が初日から休場、場所が始まってからも怪我人続出の為、途中休場者が増え、相撲放送の時間が余りに余って、藤井アナの回では正岡子規の相撲俳句まで登場。また、朝乃山は2日続けて不戦勝を手に。これも、かなり珍しい事である。逆に言えば、解説の親方衆の丁寧な説明が聞けて面白いし、上記のような俳句に触れる機会も頂ける。どちらにしても、相撲好きの私に取って、場所中の15日間はもう楽しくてしょうがないのである。アメリカはまだ夏時間のため、ロサンゼルスの相撲中継は夜中の12時から2時まで。真夜中にテレビの前に座り、悦にいる日々である。今場所もすも友のT子女史と、遠隔観戦を一緒に楽しんでいる。お互いスマホ片手に、感想、ヤジ、ゴシップ、応援など、矢継ぎ早にテキストを応酬。これが大変楽しいのである。

怪我人の事に触れたが、これは稽古不足が要因に違いない。出稽古が出来ない状況下、同部屋の力士間でしかぶつかり稽古が出来ず、自ずと限界がある。又、筋肉を落とした力士も目立つように思う。その良い例が炎鵬で、小兵の上に体が萎んで、巨漢の力士と当たる時はハッキリ言って危険である。新入幕の翔猿は、正に新時代の力士。「力士は肌を見せるから・・」という見解の元、脱毛もしているらしい。彼の相撲っぷりは最高で、インタビューも臆するところなく、堂々としている。もう一人の新入幕の豊昇龍は、常に大横綱の叔父さんの名前が出て来て、少し気の毒な気もする。まあ、顔があれだけ似ていれば仕方ない気もするが・・。何と言っても注目は、我らの正代。彼の人柄の良さと自然体が、ファンを惹きつけて止まない。そこに持って来て今場所は、相撲の切れが抜群に良く、思い切りが違うと思う。熟年ファンとしては、息子を応援するような気持ちである。この調子に乗って、千秋楽まで一気に、と切に願っている。貴景勝は、又少し太ったような気がするのは、私だけであろうか。いつも息が上がっており、内臓系が心配だ。昨日は、取り組後に肩の痙攣で少し立てず、体のどこかが悲鳴を上げているようにも見えた。素晴らしい力士だけに、無理をせず、長い目で見て相撲を取って行って欲しい。朝乃山は3連敗の後、安定し大関相撲が取れている。千秋楽まで3敗を死守して欲しいものだ。照ノ富士は、怪我からの復帰を経て、人間が大きくなり、インタビューでの受け答えも大変素晴らしい。こちらも、3敗を死守して欲しい。元気な阿武咲が、これからの4日間大暴れする事は間違いないし、若隆景も頑張って2敗キープ。

変則的で戦国時代を呈する今場所だが、役者に不足はない。2敗力士が4人、3敗力士が3人。これからの4日間で、どれだけ自分を信じ、怪我をせず、集中していけるかであろう。ベテランの琴奨菊と松鳳山が元気がないのが、とても心配だ。長年土俵を湧かせて来た両力士。とにかく、無事に千秋楽まで相撲を取って頂きたい。最後になるが、個人的な喜びとしては、長年応援して来た千代の国が十両復帰ひと場所目で、9勝1敗で単独首位に立ち、宇良が幕下で全勝を重ねている事だ。両者ともに努力の賜物である。

9月場所も残り4日。こちらも全力で深夜の応援である。

昼田とハッコウ 上・下  山崎ナオコーラ   講談社文庫 9/19/20

September 19, 2020

山崎ナオコーラさん、いつも「何をやってくれるか」と、次作を読むのが本当に楽しみ。今回も、非常にユニークなシチュエーションです。「本屋さん」の話しらしいとなれば、本好きの我々は飛びつく。そこには、「アロワナ」という大魚が主の、町の本屋さんがある。「アロワナ書店」は、家族経営・・。と段々に、本の中に入っていく。昼田とハッコウは、血の繋がらない兄弟。大の仲良しだけど、全く正反対の性格である。昼田は、自分が真っ当な人間で、ハッコウが外れ者だと思って生きて来た。因みに、昼田、大卒、ハッコウ、高校中退。昼田、都心部の優良企業で働き、ハッコウ、「アロワナ書店」勤務。昼田、いつも綺麗な格好、ハッコウ、だらしない格好。

家族の関係が変化し、昼田は会社を辞め、「アロワナ書店」で働き始める。そこから、昼田の「人として生きる事」を考える、旅が始まる。それは、打ち砕かれることもあるが、それだけじゃあない。自分と対話しながら、昼田は学んで行く。「アロワナ書店」は幸福寺という駅にあるのだけど、これは吉祥寺が下地になってるんだろうなあ、と想像。町のサイズもそんな感じだし、ね。昨日、ロサンゼルスにある紀伊国屋に行ったけど、やっぱり店員さん達、エプロン着けてた。日本独特の習慣だけど、とても良いなあ、と思う。節度感と親近感と。そして、いつもとても丁寧に接してくれるので、こちらも優しい気持ちになれる。「アロワナ書店」も、とても良い本屋さんですよ。

6 months after COVID19 Lock Down 9/11/20

September 11, 2020

Today is exactly 6 months after my last concert with a live audience. I have gone through so many stages, shocking, lost, nervous, anxious, finding a way, keeping hope and purpose in life, and connecting with people. I have taken photos along the way. Today I am hopeful to start planning for the future. But definitely we will live in a new-normal lifestyle.

March 11: I played a chamber music concert at the library. I clearly remember that the staff members at the library were constantly cleaning the counters with sanitizer, but they served refreshment at the concert. No one was wearing masks, but we did not shake hands or hug. The library was shut down the next day.

Empty Freeway during Rush Hour  

Homemade Mask

I woke up in the morning and saw a beautiful rainbow.

The End of March: I started to teach online from home.

 

 

 

 

I made a goal to cook a different meal and was creating something new everyday. It has been fun to explore different food. I had different concerts scheduled in the spring and was looking forward for summer festivals to go, but everything was cancelled and there was no way to know what will happen next. So my mood was down for a while. I was lost. 

 

 

 

I started to walk in my neighborhood in the morning. I have met new neighbors and Miss White Princess. Social Distance is not Disconnect with people.

June: Hair Salon was reopened. I had a good time chatting with Kazuyo-san.

July 4: I started to release weekly Piano Lesson Videos in Japanese. I learned how to make videos by myself.

I visited my friends for the first time since March. I was glad to see they were well.

The Middle of July: I had a lunch with Toko-san. It was first time to eat out since March. We had a wonderful time.

I continued to explore my cooking curiosity.

 

 

 

July 18: First Virtual Live Concert. All of us were so excited to perform. 

 

 

 

August: Visiting Descanso Garden

Visiting Big Bear Lake instead of Summer Music Festivals (!)

August 24: Occidental College Fall Semester started online. I was glad to see my colleagues online and start teaching for college students.

September: I got tested Negative.

September 11: 11th Piano Lesson Video was released. I am happy to connect with piano enthusiasts in Japan.

I have some virtual concerts in a next few months and am thrilled to have some planning for a concert in Japan next fall. I upgraded a mic for online teaching, and have learned Zoom’s possibility. Now I am able to organize online recitals and meetings. That is a big accomplishment for me. I did not gain any weight for the last 6 months! I cleaned up a cellar. I scanned most of my photos and got rid of albums. I learned new piano pieces and memorized some. We are still living in a uncertainty, but I am glad I have a house to live and food to eat. Thank you, essential workers. We can’t live without you.

 

 

クスノキの番人 東野圭吾  実業之日本社  9/1/20

September 1, 2020

東野さんのご本のファンになって、もう久しい。様々な登場人物がいたと思う。今回は、そう、大きな大きな「クスノキ」が、主人公である。この楠、普通の樹木ではない。大層不思議な力を持っている。新月と満月の夜に、「クスノキ」は我々の祈念に耳を傾けてくれる。そして、一つの家族が、長い年月受け継いで来た「クスノキ」の番人という仕事。これも、この本の大事なキイポイントだ。「番人」は、ただの守り人ではない。祈念する人々の、心の番人だ。そして、祈念に来る人は、意を決し自分に素直になって、「クスノキ」の祠に入る、そして祈念する。その祈念には、特別な蝋燭が必要で、この本を読んでいると、その芳香が身辺に漂うようだ。とてもスーパー・ステイシャスなのだが、その浮世離れ感が、逆にとても良い。テンポ感も良い。人間の方の登場人物達が、祈念という概念の中で、己の道を見つけて行く。感動の長編である。

炎上する君  西加奈子  角川文庫  8/19/20

August 19, 2020

これは、又、何と、変幻自在、無限のイマジネーション。新しい、西加奈子です。非現実の世界を描きながら、痛いほど、グングン心に届く短編集。フェチ感溢れる「私のお尻」かと思いきや、「ある風船の落下」のように、全宇宙を相手に、壮大なドラマを繰り広げる。改めて、西さんの引き出しの多さに、感服です。又、持ち前の、きっぷの良さや、潔さも、加わり、正に読み応え十分。そして、現実の山崎ナオコーラまで、登場するという、本当に何があっても不思議ではない世界観。其々大変短い8編ですが、そのどれも似て非なるかな。どうやって、編み出しているのか。未だに、ちょっとショック状態から、抜け出せない私です。インパクトの大変大きい短編集。

奇跡の人 原田マハ 双葉文庫 8月8日

August 8, 2020

原田マハさんのご著書で、期待外れという事は、一回もない!というか、毎回、感動である。この「奇跡の人」は、有名なヘレン・ケラーとアン・サリバンのストーリーを、日本の明治に移し、青森県弘前でのお話しにしている。もしかしたら、「いたこ」にヒントを得たのかもしれない。「ボサマ」(津軽地方の旅芸人のこと。多くは、盲人男性で、時として女性・子供も加わり、三味線を弾きながら家々をめぐり、米や小銭を恵んでもらう)かも知れない。津軽地方では、「門付」といい、明治の貧しい時代でも、自分の食べる分を削っても「ボサマ」を助けた。その中には、大変才能のある、ミュージシャンもいたのである。そこから、明治政府における「人間国宝」「無形文化財」の設置という所に持って行き、「ボサマ」の一人、狼野キワが、それを受賞する。そして、キワと、ヘレン・ケラーの日本版、介良(けら)れんとの、友情に持っていく。介良れんは、三重苦で、それを、去場安(さりば・あん)が、強烈な意思で、教育していくのである。去場安は、決して負けない。当時の、最上流階級に属し、9歳の時に、岩倉使節団とアメリカに渡り、22歳までの13年間をアメリカで教育を受け、何不自由ない状況であったが、自身も弱視であったためか、介良れんの教育にのめり込んだ。三重苦の為か、介良れんは自分をコントール出来ずに、6歳で去場安に出会うまで、家族から動物扱いで、蔵に閉じ込められていた。とまあ、ヘレン・ケラーとアン・サリバンのストーリーが、ベースになっている事は、明らかである。しかしそこが、原田マハさんの、才能である。明治の弘前の出来事にしてしまい、それが、何の不自然さもなく、逆に、新鮮でさえある。津軽三味線の音が、どこからなく聞こえて来る、「奇跡の人」。人間の持つ、深い可能性。人間としての尊厳。物語としての抜群の面白さ。是非、読んで見て下さい。

A Movie “Canaletto and The Art of Venice at The Queen’s Gallery, Buckingham Palace” – Exhibition on Screen 12/4/17

August 8, 2020

I enjoy Laemmle’s “Exhibition on Screen” Culture Series! It was shown at Pasadena location. This movie depicts an immersive journey into the life and the art of Venice’s famous view-painter, Giovanni Antonio Canal, better known as Canaletto. No artist better captures the essence and allure of Venice than Canaletto.

The remarkable group of over 200 paintings, drawings and prints at the exhibition offer exceptional insight into the artistry of Canaletto and his contemporaries, and the city “Venice” he became a master at capturing. The film also offers the chance to step inside two official royal residences – Buckingham Palace and Windsor Castle – to learn more about the artist, and Joseph Smith, known as Consulate Smith, the man who introduced Canaletto to Britain. The film is not only a wonderful way to see the exhibition, but an opportunity to get closer to Canaletto and Venice that inspired him! $16 for this amazing journey to London and Venice!? I love it!

 

屋根をかける人 門井慶喜    角川文庫  8/7/20

August 7, 2020

最近、この歴史小説という分野にとても惹かれる。歴史上の大人物を題材にしている訳だから、役者に不足はなし。そこに。作家のイマジネーションが入り、「伝記」という枠から大きく離れ、独自の世界観に連れて行かれる。スパイスも熟成も、お好み次第!「屋根をかける人」は、明治にアメリカから伝道を目的として来日したW・M・ヴォーリズの、日本での一生である。一風変わった、しかも世間を少しハスに見る青年が、大事業家へと成長していく過程を、真摯に、かつエネルギー全開で、書かれている。明治の時代から、第二次世界大戦前後の動乱、復興と共に、つまり、日本の西洋化、国際化への道を、外国人(その後日本へ帰化)として、歩んだ。数多の苦難を乗り越え、成功を納めたヴォーリズ。彼は、建築家として、日本津々浦々どこまでも、声がかかれば、家、教会、社屋を建てて、建てて、建てまくった。そして、実業家として、近江兄弟社のメンタム(メンソレータム!)の輸入販路を確立し、日本にメンタムを浸透させたのである。そして華族出身の妻との二人三脚も、素晴らしい。本当に、「話しに困らない」大人物なのだ。しかし、何という事か、私はこの本を読むまで、ヴォーリズという人物のことを、全く知らなかった。門井慶喜は、ヴォーリズと昭和天皇との短い逢瀬(!)から、この感動の一冊を書いた。読み応えのある、長編である。

夢にも思わない  宮部みゆき 角川文庫 1/3/18 

August 7, 2020

久しぶりの宮部みゆき。一時はまって、昼も夜も「宮部みゆき」病にかかっていたけれど・・ 90年代の作品だから、学生達の日常が、今と全く違う。コンビニに行って、ガールフレンドに電話をかけたりするし!悪い評判が立っても、それは、クラスルームの中だったり、学校だったりで、ネットの恐ろしさはないし。だけど、人間の気持ちはいつも一緒。そして、日本人特有の性格も一緒。

これは、島崎と僕の探偵物語。陰惨な殺人事件の裏に、見たくない真実が隠れている。中学一年生で、これだけ「深読み」が出来る子はまずいないと思うけれど、設定としては面白いよ。そして、ストーリーの展開が抜群!「日本的な可愛い女子」の弊害と、その「可愛さ重視」の社会を支える、男子の視点と思い。最後のメッセージは、まさに「夢にも思わない」!