Blog and Book Reviews

2019-2020 3rd@1st Season 9/16/2019

September 16, 2019

2019-2020 season will make our concert series for 6th season! This year’s offerings run the gamut: from Mozart to Jazz, from Paris to Broadway. Featuring my musician friends and visiting artists from the community and beyond, the concerts are presented in the inspiring surroundings of the beautiful First United Methodist Church of Pasadena’s historic building.

I would like to specially comment on our newly restored Steinway 9ft piano. George Ashikyan, a wonderful piano technician and a friend of us, worked on the piano during the summer. The piano got a new Steinway action and many details worked on. It is so beautiful. The touch is fantastic and the sound is amazing, especially in the acoustic in the sanctuary. You will enjoy hearing the piano in this season.

Please go to www.thirdatfirst.org for more information. The opening concert will be on Saturday October 19 at 7:30pm with Mozart Piano Concerto no. 9 and Requiem. Please note that the opening concert starts at 7:30pm, but other concert will remain at our regularar concert time as 4pm.

Happy Fall! I look forward to seeing you at concerts.

ユートピア 湊かなえ  集英社 9/16/19

September 16, 2019

売れっ子作家の力を見る、大変な力作。「善意は悪意より恐ろしい。」と本の帯のところに書いてあるけど、そんな単純な事ではない本書です。そして、子供を侮るな!ということですね。そしてこんな一文もある「地に足を着けた大半の人たちは、ユートピアなどどこにも存在しないことを知っている。ユートピアを求める人は、自分の不運を土地のせいにして、ここではないどこかを探しているだけだ。永遠にさまよい続けていればいい。」心の中だけは誰にも見えない人間の利点を生かし、誰でも、表の顔と裏の顔を、上手に使い分ける。その中で、楽しいことも、涙することも、経験する。皆、少しずつの秘密を持ち、毎日を生きる。ユートピアがあるにしても、ないにしても・・偶然に、先日あるテレビ局の放送で、地方に移住する人たちを取材していたのを観た。完璧なユートピアを求める人もいたし、現実的にユートピアと向き合おうとする人もいた。皆誰でも、それぞれの「ユートピア」があると思う。

Nのために 湊かなえ  双葉文庫 9/8/19

September 8, 2019

確か、テレビのドラマにもなった小説。どんどんのめり込んでしまう。私は、本を置く事が出来ずに、一気に読んでしまいましたよ!登場人物の設定が、魅力的。私もずっーーーーと前に、日本にいた頃、こんな人間関係の中にいた事がある気がする。自然に集まっちゃって、飲み会が始まっちゃうみたいな。その中で、恋愛もどきも産まれる。若いって、本当にすごいね。年齢重ねた現在、良いも悪いも、自分の肩にかかるものが多すぎて、「ちゃって」みたいな状況になるには、大変な努力が必要なんです。もう、全く!「野バラ荘」での、人生絵巻が、殺人となり、Nへの想いになって行く。はっきり言って、面白いですよ、この本。そして、人は一人では生きていない。生きられない。

おもかげ  浅田次郎  毎日新聞社 9/8/19

September 8, 2019

浅田次郎さんの小説は、いつも涙なしには読めない。この本も例外に漏れず・・・こういう「良い本」を読むと、正直に人生って何だ、って心底考えさせられますね。一人一人の人間に与えられた人生の長さは、人それぞれ。だけど、一回だけ。求めるものも、価値感も、違うかもしれない。だけど・・・死に行く時に、何を思うのだろうか。私の人生の中でも、色々な「死」を見て来た。天寿を全うした人。心半ばで、悔いを残しながらこの世を去った人。若くして、自ら命を絶った人。本当に様々だ。死に行く時に、今まで思って叶わなかった事が、想いとなって出てくるのだろうか。それは、誰にも分からない。この本の中から、いくつか心に残った文章。

「・・健康診断を受けるたびに、高コレステロールだの高脂血症だのと言われるが、この薬も直ちに捨てる。どうも同じことを言われて同じ薬を嚥んでいるやつが多すぎる。みんなが同じ症状ならば病気ではなく、それが正常であるはずだから、病院や医者の都合だろうと永山は読んでいた。・・・」まさにそう!!!

「退屈はいいものだ。どうでもいいことを考える時間。非生産的な、思考と想像の時間。かつて人類は、豊かな閑暇を持て余して生き、そのまま優雅に死んで行ったのだと思う。それがいつのころからか、どうでもいいことを考えるのは怠惰とされ、非生産的な行為を排除し、自由な思考と想像を封止して生きるようになった。いくら寿命が延びたところで、そうした人生は短く、その死は貧しいものであるにちがいない。」言い得て妙。まさに同感。

「男と女のドロドロの話なんて、面白くない。それよか、「他人のような気がしないケース」のほうがずっとロマンチックじゃん」本当にそう・・・・

長編ですよ。だけど、とっても読み応えがありますよ。是非読んでみてください。

Movie “Honeyland” 8/26/19

August 26, 2019

It is a sad and heartbreaking documentary movie, but shows a dignity, sublimity, and tenderness in human’s life. Hatidze Muratova is apparently the last of Macedonia’s nomadic beekeepers, who uses an ancient method. This movie does not tell us too much. It gives us moment to imagine, feel and think. We hear constantly bees’ buzzing and see a beautiful nature in mountains. Hatidze sticks her bare hands into natural stone nests and sing old folk songs to her buzzing swarms. She sings so beautifully. So innocent! Joy and Happiness.. Her face is weathered and weepy living in nature. But her eyes are always so bright and curious. She takes care of her half-blind 86-year-old mother. They chat like any other mother-daughter does. Their small house has no electricity, no water. The mother talks about Hatidze’s marriage possibility. She laments that her daughter has become a burden to her.. But she goes on.

When Hussein Sam, his wife, and their seven kids drive into Muratova’s neck of the woods with a herd of their cattle, the life of solitude and peace is changed. Hatidze was wondering at first, but she starts to enjoy their accompany. She accepts them. She plays with kids, she teaches Sam a beekeeping business and they start to share their lives together. She always stresses to Sam that she only takes half of the honey that’s produced by each hive, as that ensures the bees will survive and be able to produce more later. That sustained harmony is more valuable to Muratova than the extra few Euro she could earn by taking every drop of honey. That is what she has been doing all her life. That is what she believes. But Hussein has 7 kids and 2 adults to feed. He struggles. He breaks a harmony… He is desperate. So you know what comes next. But Hatidze never loses dignity. And she never forgets to enjoy her life even when she does not have almost anything. I could not stand quickly after the movie was over. I felt very heavy in my mind. I fully recommend this movie.

 

 

 

An Animation Movie ” Mirai” 8/26/19

August 26, 2019

4-year-old boy, named Kun, feels forgotten by his parents when his little sister Mirai (It means “future” in Japanese) arrives. Kun-chan (Little Kun) thought his little sister is stealing all of attention from his family. He feels neglected. His world is different.. Mirai is cute and everybody pays attention to her. As his mother returns to work, and his father struggles to run the household (he works at home as an architect), Kun-chan becomes increasingly jealous of baby Mirai at every moment.  Even the family dog, Yukko, feels neglected. One day he storms off into their magical garden, where he encounters strange guests from the past and future — including his sister Mirai, as a teenager. Together, Kun-chan and a teenage Mirai go on a journey through time and space, uncovering their family’s incredible stories. A magical garden serves as a time-traveler. For instance Kun-chan meets with his mother as a child. Through those adventures Kun-chan will grow up and opens a new perspective on his world.

It is a beautiful and imaginative animation movie. Surely you will enjoy it too. As a Japanese pianist I often use a song from Japanese animation movies for my encore at the concerts and the audience always give me a wonderful feedback. I am sure you will cry during this movie. I watched “Mirai” on one of flights this summer, and I cried too.

坊ちゃん 夏目漱石 新潮文庫 8/4/19

August 4, 2019

何故、今頃、夏目漱石?と思われる方もあるかもしれないですね。町田康さんの文章に、夏目漱石絶賛!があったので、今回の旅に持って来た訳です。フランスで読む、漱石。それだけで、洒落ていると思いませんか?私は、漱石の文章の新鮮さに、とても感動しています。まさに、日本現代文学の布石を築いたのだなあと、実感しています。発想、文章の切れ、テンポ感、ユーモア、写実性、もう全てが、飛び切りカッコイイ!多くの人に愛読されている訳です。1906年作で、創作されてから100年以上経っているはずなのに、ヤンチャ話を近所の若者(!)から聞いているよう。愛に溢れ、人情に溢れ、正義感に溢れ、とても熱い小説です。是非、お手に取ってみては?

東京飄然 町田康 中央公論社 7/30/19

July 30, 2019

今年のベスト3に入る、名作。剽軽さ、チャランポランなところ、日本語への愛に溢れている文体、もう全てが良い。ロサンジェルスからフランスへの飛行機で読んだけど、吹き出すのを堪えた事、数多。表情豊かな文章は、それはそれは魅力的。嘘っぽいんだけど、本当は心からの真実の叫び!東京を散歩しながら、いろいろな事を見つける飄然の旅。貴方も町田さんと、一緒に旅に出てみませんか。混沌とした東京に、町田さんの情趣情感を感じましょう。

スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介  文藝春秋 7/16/19

July 17, 2019

読み始めてすぐに、重い小説は、やだなあ・・と思い、辞めようと思うも、続行。次第に、「重さ」ではなく、「優しさ」がテーマである事に、気付く。この「優しさ」が実はとっても曲者で、新鮮でかつ湾曲している。言葉の選び方、表現、テンポ、空気感、全てが、ユニーク、かつ創造性に溢れているのだ。何もカッコ良い事を語っていないが、何故か颯爽としている。もし健斗に出会ったら、惚れてしまいそうだ・・

死の島  小池真理子 文藝春秋 7/16/19

July 17, 2019

小池真理子の小説は、死と隣り合わせのものが多いと思うのは、私だけだろうか。死を美化している訳ではないけれど、死がとても近いところにある、そういう感じ。この小説は、死に自分から近づくのではなく、ステージ4のガンにより、どのように自分の最後を迎えるのか、というお話である。この本を読んでいる時に下記の一節に会い、宗教観のほぼない日本の価値観と、大きく違うのを感じた。良い悪いという問題ではなく・・・しかし、主人公澤と樹里の、世俗を離れた独自の関係は、とても素敵だ。永遠に。

When we are living it is in Christ Jesus,

and when we’re dying, it is in the Lord.

Both in our living, and in our dying,

we belong to God, we belong to God.