Blog and Book Reviews

A Movie “RBG” 6/19/18

June 19, 2018

Even a non-American myself of course I have heard about RBG and I knew she has been a center of equal right movement for any gender. And now I understand why she has a huge name. This movie portrays her intimate life from the very young age. At the age of 84, U.S. Supreme Court Justice Ruth Bader Ginsburg has achieved a giant legal legacy and she is still going! She is an icon!

This documentary shows her personal journey from Harvard/Colombia to the nation’s highest court while raising 2 children with a life time partner, Marty, her husband. RBG is a quiet warrior and Marty is an outgoing personality with amazing sense of humor. Their chemistry was started at Harvard! No one in her family is showy. They seem normal people. The movie is inspirational. 1 and 1/2 hour of the movie will take us to her exceptional life and mind. The movie is MUST to see!

プラナリア 山本文緒 文芸春秋 6/14/18

June 14, 2018

この本も前回に続き、「開拓」した作家のものです。5つの短編が収録されています。現実感たっぷりの、時には「こんな事、見たくないよー!」と叫びたくなるくらいの、現実を突きつけられますよ。そりゃ、人生「ハリウッド映画」のようにゃあ、いかないけれど、私の希望としては、本の中では、夢を見たいし、美しいものに触れたい。だから、はっきり言って、読み進めるのは、しんどかったですよ。ようやく、どん底から5作目の「あいあるあした」で這い上がれました。作者に感謝申し上げます。でなけりゃ、どん底のままでしたからね。

垣根涼介 午前三時のルースター 文芸春秋 6/14/18

June 14, 2018

どうしても「お気に入り」の作家の本を手に取ってしまうので、新しく開拓。この本を読むまでこの作家の名前も知らず、ワクワク感で本のページを開きました。日本版「インデイアナ・ジョーンズ」というのが、私の一番の印象。ベトナムを中心にしたアクション・ミステリーですね。登場人物が、本当にインデイアナ・ジョーンズみたいなので、ちょと映画っぽいし、ミステリアスな美女も登場。役者は揃った!というところでしょうか。ストーリーも面白かったです。

Robert Schumann and Vincent Van Gogh, Their Beautiful Mind 6/4/18

June 4, 2018

I recently had a chance to see the movie “Vincent Van Gogh: A New Way of Seeing”, which is a documentary film directed by David Bickerstaff. The movie shows Van Gogh’s iconic works and featuring exclusive interviews with the amazing curatorial team at the Van Gogh Museum in Amsterdam. Perhaps more than any other artist, Van Gogh’s life (1853-1890) has long captured the imagination of storytellers. This film gives us an intimate look at Vincent’s life through his brother, Theo Van Gogh’s letter collection, as well as the over 200 paintings he inherited after his brother’s death. Van Gogh’s fascinating and sometimes deeply troubled world is well presented in this documentary.

And in the same week I went to hear the dress rehearsal of Robert Schumann’s “Das Paradies und die Peri” by LA Phil at Disney Concert Hall, the oratorio Schumann (1810-1956) wrote in 1843.  Although his life was difficult in many ways Robert Schumann nonetheless composed music that elevates us through his beautiful mind and amazing musical sense. I personally love Schumann’s music deeply, and recently performed his piano quartet Op. 47 (as a part of LA Phil’s Schumann Focus), Davidsbundlertanze Op. 6 and Kreisleriana Op. 16. This oratorio is not played often, but is one of his finest compositions which Clara adored. The oratorio tells that Peri, who is a fairy-like spirit from Persian mythology, somewhere between an angel and a devil, has been cast out of heaven, and she is trying to find the way back to heaven. She has to find the gift that God will like the best…..

I felt the very close relationship between Van Gogh and Schumann, and are moved by their spirit. Both had a strong support by their loved ones, Theo Van Gogh for Vincent and Clara Schumann for Robert. Theo did everything for Vincent and so as Clara. Clara promoted Robert’s music throughout her career. Both Vincent and Robert were so creative and real artists, but they had deep madness to cope with. I imagine when they felt the inner inspiration they would work restlessly. They just needed to catch what they heard and saw in their mind. I am touched by their beautiful mind.

It was a great week for me to meet Robert and Vincent going with my own projects, performing Robert Schumann’s Piano Quartet with my great friends for LA Phil’s Chamber Music concert, performing Bruch and Mozart with my great friends for LA Phil’s Committee concert, and rehearsing Mozart, Lutoslawski, Rachmaninoff and Milhaud with my dear piano partner for 2 piano concert which will be in July. In the previous week I was in South America to play a concert and to teach masterclass as a part of the celebration of the 110th relationship between Colombia and Japan. I had a wonderful time there! My music life is still going!

 

 

 

 

白夜行 東野圭吾 6/4/18

June 4, 2018

ずっと前に読んだ本だけど、もう一度読みたくて手に取り、感激!そうだったか!こういう結末だったんだなあ、と改めて壮大なドラマに胸躍らせました。大長編ですから、読破するのに時間もかかる。だけど、やめられない!という訳で、数日どっぷりと、白夜行の世界に浸りました。途中から、もちろんカラクリは見えるのだけど、その奥に潜む人間模様が複雑で、とても先が見えない。何でこんなに糸を絡めるのか、多分本の意図は一つなのに、何で??というくらい、これでもか、これでもか、と次々に複雑化するドラマ。それが、最後の数ページに向かってテンションを高めて、そこで炸裂!もしまだ読んだことがなければ、読破してみて下さい。究極の「愛」の物語です。

世にも奇妙な君物語 朝井リヨウ 講談社  5/23/18

May 23, 2018

前回の「少女は卒業しない」で。朝井さんへの批判を全面撤回した私が、もうこの本では平身低頭、土下座しています。すごい本を書かれましたね!四谷怪談現代版、とも言うのでしょうか、おどろおどろしい人間の本性を書いていらっしゃる!それも、ちょっとしたミステリータッチで。5編の短編から成り、こちらはそれぞれに全く連続しておらず(「少女は卒業しない」の短編集は、連続してもいたので)、完全に独立、独歩。一編、一編に、背筋が寒くなるような「おち」がついていて、次が騙されないぞ!と臨んでも、又どんでん返しに合うんです。読まれる時は自分に挑戦のつもりで、どんでん返しの先読みを、お薦めします。これからの、朝井リヨウ、どう進化していくのか、本当に楽しみです。

少女は卒業しない  朝井リヨウ 集英社 5/23/18

May 23, 2018

南米に公演旅行があり、その旅で読み、とても感動した本。以前確か、朝井さんのことを未熟者のように書いたけれど、全面撤回します。この本は、高校生の卒業前後の物語で、とても繊細。7つの短編は、それぞれが完結しているものの、連続した小説にもなるという趣向。特に好きなのが、4編目の「寺田の足の甲はキャベツ」というお話。この題からして、興味惹かれますよ、ね!本の中の高校生達の言葉使いは、そりゃ、もうビビッド。高校のそばのコンビニに午後いたら、こんな乱雑な会話が聞こえてきそう!それくらい、元気な高校生達が、本のページに凝縮されているんです。寺田の足に話を戻すと、これはきゅんきゅんの恋ものがたり。乱暴な言い回しが、実に愛に溢れ、じーんと来るんですね。高校生のあなたも、または、ずっと前に高校生だった貴方にも、ぐぐっと来る、本です。是非、読んで下さい、ね。

つばさよ、つばさ 浅田次郎 小学館 5/23/18

May 23, 2018

さすが、浅田次郎さん!これは、JALの機内誌に掲載されたエッセイを、加筆、修正されたもの。ユーモアたっぷりでありながら、鋭い社会批判から、ペーソスまで。実に浅田さんの大才能を垣間見る、素晴らしい本です。「キャビアは怖い」の章では、ホントかいなあ。。と読者を唸らせたり、「黄門伝説」の章では、肛門から、黄門にすーっと繋げ、黄門様の歴史まで述べてしまう、あっぱれぶり。「小説家の午後」では、いくつものエッセイになりそうなくらい話題をぎゅう詰めにしつつ、さくっと完結させる。まあ、変幻自在のエッセイ集なのです。機上で、こんなエッセイに出会ったら、ほこっとした気持にさせられること、間違いなし。陸の上でも是非読んでもらいです。

短編集 2冊 素敵な日本人(東野圭吾)・霞町物語(浅田次郎) 5/7/18

May 7, 2018

全く異なる2冊の短編集。どちらも、大変面白く読みました。まず、「霞町物語」から。私も遅ればせながら、お相撲を愛する江戸っ子(少なくとも、4代目)。下町ではないけれど、親戚一同ほぼ全員東京です。物語は、古き良き時代の東京。洋画で言えば、イングリット・バーグマンの美しい顔が、ガス灯に霞むような風景。カッコつけしい(完璧に化石化した表現!)の若者の、心温まる日常の数々を描いています。主人公は、写真館の息子、僕。その周囲で巻き起こる騒動と涙。家族の愛。携帯電話の世には起きようもない物語でしょうね。短編集だけど、それぞれに連続していて、昔の写真アルバムをめくっていく感じです。そして、東野圭吾さんの「素敵な日本人」。9編が入っていて、それぞれに全く異なる題材とアプローチ。ミステリーが主体の、大層凝った趣向の短編集ですよ!短いお話の中に、読者を驚かせる瞬間あり、ほろっとさせる瞬間あり、社会現象への定義あり、愛情あり。。と、東野さんの才気があふれています。とても楽しめました。しかし、私の中での東野圭吾と言えば、「手紙」と「赤い指」。思い出しただけでも、涙する、人間の心に深く迫る名作ですね。閑話休題!この短編、2冊、是非手に取って見て下さい。そして、まだ「手紙」と「赤い指」、読んでなければ、こちらも是非読んで下さい。

A Movie “Godard mon amour” 5/3/18

May 4, 2018

It is a very interesting idea to make a movie about the living filmmaker?? And this filmmaker is not an ordinary one. It is Jean-Luc Godard (played by Luis Garrel). The film covers the period of the 37-year-old Godard’s marriage to the 19-year-old actress Anne Wiazemsly (on whose memoir it’s based) and the unsettlement of French students and workers in May 1968. This movement lead to shut down that year’s Cannes Film Festival. Godard in 1967 and 1968 was a famous and controversial director, adapting political climate and against to his own fame. And he got married to Anne (played by Stacy Martin), a granddaughter of the conservative writer Francois Mauriac… Energy and Craziness! To me the movie is very French, especially the way they argue and discuss. I don’t know much about the life of Godard, therefore I enjoyed seeing the film. The film may have portrayed him so wrong?? I don’t know. But it is very witty and creative. I liked it!