Book Reviews  マイブック評

View book reviews from 2008 – 2012.

優しさごっこ 今江祥智  理論社 11/24/14

November 24, 2014

最近再び今江さんの本と手に取っている。これは、もしかするとホームシック??「優しさごっこ」と読んでいると、とてつもなく日本が懐かしくなるのって、不思議である。言葉で言うと難しくなるけれど、心配りとか、丁寧さとか、心の襞に触れるような優しさかなあ。私も若かったころ、児童文学者にあこがれていて、自分でもなりたっかったという歴史があるので(!)、こうして再びあのころ読んだ本を読むと、そのころの気持ちに戻るのかもしれない。素晴らしい文章力と素敵な想像力で、読者をぐいぐい惹き込む今江文学。まだ読んだ事がなければ、是非一度読んでください。

ナニカアル  桐野夏生 新潮社  10/19/14

October 19, 2014

これは、林芙美子の生涯を小説化した、桐野さんの力作。芙美子の強さと才能を、恋愛と絡めて、激しく迫っていく。読んでいる間にすべてが本当に起こったかのような錯覚に陥る。最高のロマンスなのか、すべてが創作なのか。。。芙美子の生涯をあらゆる角度から調べ尽くした上での、フィクション。桐野さんへの尊敬が、又大きくなった作品です。

夢幻花  東野圭吾  PHP  9/6/14

September 6, 2014

3冊めになる、東野さんのご本!興奮が続きますね、この本は、ちょっと趣向が違って、現実からちょっと遠い感じ。殺人の動機が、植物にある訳です。人間って、悲しい動物ですね。切羽詰って人を殺すのだけど、その動機が小さな人間としての見栄だったり、誇りだったりする。自分らしく生きるのって、難しいね。

祈りの幕が下りる時  東野圭吾 9/6/14

September 6, 2014

これは、加賀恭一郎シリーズの一冊です。複雑に絡んだストーリーがおもしろくて、しょうがない!いくつもある秘密の扉をひとつひとつ開けていくみたい!これで終わりかな、と思うと又、すぐ目の前に次の扉がある。東野さん、本当にめちゃ頭が良い!日本の放射能問題にも鋭く触れ、「今っぽさ」も忘れていない(もちろん今だけの問題ではないのだけど)。話の構築性に、説得感があって、ばっちり!おもしろすぎます。

新参者   東野圭吾  講談社  9/6/14

September 6, 2014

おもしろい!の一言ですね。下町の景色が、目の前に見えるよう。一章ごとに、背景を変え、登場人物を変え、あたかもお芝居のよう。素敵なことばかりの、東野さんの小説!そして必ずの人間の本質に関わる部分が出てくる。犯人には確固たる動機があるものの、それが中々表面に出てこない。一つ一つに状況証拠を積み重ね、真犯人に迫る。次が知りたくて、もう寝られなくなっちゃう!

ハピネス  桐野夏生   光文社  8/19/14

August 19, 2014

皆さんも読書好きだと思いますが、私はとにかくお気に入りの本を読んでいれば、幸せ。「ハピネス」は、この旅の最後に読んだ本。最後を飾るに(!)相応しい、大作です。飛行機の中で読んでいて、涙が止まらなかった所がある。もうとんでもないくらい日本的な主役の有紗。その彼女が脱皮していくお話です。途中はこちらがイライラするくらい、おどおどして自信のない彼女が、次第に太っ腹になり、自分が持てるようになる。とても説得力があり、私達を勇気づける。そして愛に満ちた本。だって誰だって「愛を」探して生きているんじゃないのかしら。長編だけど、どーんと引きずり込まれて、一気に物語のなかに、自分も生きてしまう。私もタワマンの住民であるがごとく。是非読んでみて下さい。

降霊会の夜  浅田次郎 朝日新聞社  8/19/14

August 19, 2014

現在の時間と過去の時間を、行きつ戻りつしながら、何が真実なのかを、探るお話。時には涙することも。誰だって自分勝手。そして、人生ってとても不公平。悲しい運命を受け入れながら生きるキヨ。その両親。キヨの死は余りにも残酷だけど、何だか自然にも思えてしまう。霊媒師という非現実の媒体を通して語られる、真実の一冊。感動の一言です。

浪速少年探偵団・しのぶセンセにサヨナラ  東野圭吾  講談社文庫 8/19/14

August 19, 2014

東野さんはどんな文体でも、どんな設定でも書けるらしい!この2冊は、少年達とそのセンセの話。とってもあったかくて、ユーモアたっぷりのお話が、素敵に元気の良い大阪弁で書かれている。いろいろな難事件に遭遇(何故か巻き込まれる!)、それを優しく解決するしのぶセンセ。なんか、ほっくりくる推理短編小説だ。東野さんは7年の執筆期間を経て、このしのぶセンセシリーズにさよならする、と宣言。ですから、私達がしのぶセンセにお逢い出来るのは、この2冊だけです。どうぞお見逃しなく!

 

ある閉ざされた雪の山荘で   東野圭吾  講談社文庫  8/19/14

August 19, 2014

この本確か以前にも読んだ事があるのだけど(記憶がちょっとあいまい・・・)、又読んでみました。2転3転する話に、こりゃ一体なんだ!と驚かせる東野さんの90年代の作品。読者を欺き、作中の登場人物を欺きと、まあ役者集団なんだから(これ登場人物達の事)当たり前か。。。ちょっと現実離れした設定だけど、登場人物の全員がとっても生き生きとして、性格がしっかり出ていて、おもしろい。天才東野圭吾(私は東野さんの大大ファン!)に浸りたければ、どうぞ。最近の作品とは又違った雰囲気が味わえます。

桜雨  坂東真砂子  集英社  8/19/14

August 19, 2014

フランスへの公演旅行があったので、飛行機の中電車の中と、沢山本を読む時間があったのは、とっても幸せ!という訳で、この旅行で読んだ6冊の本の紹介です。まず、坂東さんの「桜雨」。大正ロマン的な香りのする、ちょっと古風でいて、怪談めいたおどろおどろしさもある、まか不思議な本。モノトーンの景色の中に、人間の愛憎を描く。その中で、激しい色の絵がポイントに。こう書いていると、とても絵画的なビジュアル系の本に見えてきた感じ。作家というのは本当にすごいですね。紙の上に字を載せていって、物語を綴り、読者を夢中にさせる。不思議な世界にご興味のある方、是非「桜雨」読んでみてください。