Japanese Blog 日本語のブログ

今年の夏も終わり。9/2/10

September 2, 2010

昨日から大学が始まり、公式に(!)夏も終わりを告げました。今年の夏は、人生の中でも、ベスト10に入るかもーー。友人、家族との楽しい時間、自分自身の充実した時間、ロスアンジェルスにいた時も、旅に出ていた時も、良い思い出が沢山詰まっています。問題解決に追われた夏もあれば、何だか落ち込んでぼーっとしているうちに過ぎた夏もあるし。特に去年の夏は、大苦難が立ちはだかり、眠れぬ夜続き。疲労感ばかりが、残ったのでーー。今年の夏は、自分自身だけでなく、周囲の人間関係でも、ほとんど問題がなく、健康にも問題がなく、ベスト10入り!

毎年大学に戻るのに、ちょっと努力がいるけれど、生徒達に会い、教え始めると、何だか体の中にエネルギーが充満して来るのが、分かります。楽しいですね、本当に!2010年ー11年のコンサートの幕開けも2週間弱に迫り、中米コンサートツアーも3週間くらいで、出発。今年も音楽を通して、自分の気持ちと聞いて下さるお客様と、一体感が持てれば良いなあ。ここ数年続けている、ピアノの詩というコンセプト。ピアノの曲には、歌詞がないけれど、ピアノで歌を歌いたいんです。気持ちを訴えたいんです。

クッキーとミルク   8/28/10

August 26, 2010

国によっての文化の違い、それは数知れずあるのだけれど、このクッキーとミルクというのは、私はいつ見ても、微笑んでしまうんです。アメリカでは(欧米の他の国でもあるようですがーー)、クッキーを食べるというと、かなりの人が冷蔵庫からミルクを出して来て、一緒に飲みます。例えば、我が家の亭主も、大中年男子であるにもかかわらず、食後によくクッキーとミルクを、本当に美味しそうに、喜んで食べています。皆さんもご存知のように、サンタさんのために、子供達は24日の夜にミルクとクッキーを用意して、暖炉の上などに置いて、寝ますね。まあ、サンタと人間も、同じ趣向という訳なんですけどね!異文化人の私は、その横で、麦茶に好物の豆大福をかぶりついて、にたっとしています。

大事な一人、そして社会。  8/22/10

August 22, 2010

ロスアンジェルスに引越してきてから、約10年。沢山の人に出会い、沢山の人と仕事をして、いろいろな集まりに参加して、そしていろいろなお役目もあってーー、大変な事も山ほどあるけれど、今の暮らしにとても満足しています。日本にいた時もそうですけど、アメリカに来てからも、難しい事をくぐり抜けるのに忙しくて、立ち止まっている暇もなかったです。そういう中で、いつも思うのは、一人一人、皆顔が違うように、バックグラウンドも、学歴も、家族の構成も、仕事の種類も、生まれも、感情の表現も、食べ物の趣味も、もうすべて違う!そして、それがとっても素晴らしいことだという事。そして、その誰もがとても愛おしい存在です。人間というのは、人の間と書くけれど、本当にそうだと思う。世間というのは、世の間、時間は、時の間。この「間」という漢字、とてもよく社会を表していると、思いませんか?

蚊のいない夏ーーー   8/22/10

August 22, 2010

日本の夏と言えば、「蚊」なくして語れないのですが、私の住むロスアンジェルスの家には蚊が全然いないんです。標高が少しあるという事もありますが、空気が乾いているからだと、思います。虫さされに、水ぶくれが出来る私としては、本当に嬉しい!そして、夏の暑さの性格も全然違うんです。日中暑くなっても、陽が落ちると、急に涼しくなって、風が心地良い。窓を開けて、すーっと頬を抜けていくのを感じてーーー。だから、ロスアンジェルスの人は、外でご飯食べたり、ゆったりしたりが大好き。日本の暑さのニュースも伝わってくるので、申し訳ないみたいです。

ジニーおばあちゃんの花瓶  8/18/10

August 18, 2010

早いもので、もう8月半ばですね。さすがにロスアンジェルスも涼しい夏におさらば、という感じです。昨日、今日と暑くて、家でもクーラーを使っています!

このジニーおばあちゃんというのは、我が家のはす向かいに住んでいて、数年前に亡くなった女性です。ロスアンジェルスに引越して来てから、道で会えば挨拶したり、世間話をしたり。特に親しくしていた訳ではないけれど、クリスマスなどは、小さなプレゼントを交換したりしていました。私のピアノ練習を喜んで聞いていたようでは、ありますけれどーー。そして、亡くなる少し前に、家に来て、「旦那は花をプレゼントするかい?」と聞いたので、「たまにはーー」と答えたところ、この素敵な花瓶をプレゼントしてくれたのです。生前の遺品分けという訳ですね。体の調子が悪そうなのは気が付いていたけれど、急に亡くなるほど悪いとは思っていなくて、急報が届いた時は、びっくり。病院に行ってからは、ご家族の話だと、食べるのを止めて、自分で死を迎えるようにしたという事でした。とても潔いですね。一人暮らしだったけど、荷物の整理など、少しづつ準備していたんですね。といく訳で、大きな花束を飾る時は、このジニーおばあちゃんの花瓶の登場となるんです!そして、彼女の事を思い出すんです。このホームページのフォトセクションに、素敵な花瓶の写真があります。

義母の古いスーツケースを、デコする! 8/6/10

August 6, 2010

主人の家族の集まりが毎夏あるのですが(義母の家で)、皆が集まると必ずといっても良いくらい、クローゼットを整理して、あれ持って帰れ、これ持ってけと、準備している主人の母です。今年の夏は、去年父が亡くなった事もあり、すごい数の品が、フリー・オークション化しました!主人のすぐ上のお兄さんが、オークションの呼びかけ人になり、一つずつ皆に分配。私も手を挙げてもらったものあり、何だか分からないうちにもらったものもありでした!義母の古いスーツケースは、Made in Japanという理由で(!)、私のところに来ました。そして、私は皆に宣言!東京可愛いスタイルのデコ(ほとんどの家族が、この意味を知らないのだけどーー。でも、Kawaiiという言葉は、英語になっているので、ファッション通は知っているよ。)をスーツケースにして、それを持って、ハリウッドのサンセット通りを歩くんだーーと。

という訳で、早速近くのクラフトショップを訪れ、ピカピカのものを何袋か適当に買って、接着剤と一緒に家に持ち帰りました。そして、見よう見まねでやってみたら、これが時間の経つのも忘れるほど、楽しかった!若い女の子が夢中になるはずです。(出来上がりの作品は、フォトギャラリーを見てね!)今後も時間を見つけて、新しいキャンバスと遊んでみたいと思います。という訳で、私の元に思いもかけず、最新ファッションのカバンが(自分で作っただけなんだけど!)、やって来ました。

白鵬の涙   8/3/10

August 3, 2010

連勝を伸ばし、名古屋場所での優勝を決め、重い重い責任を果たした白鵬。その彼が見せた千秋楽での涙。私はとても共感出来ました。こんな場所で連勝記録を伸ばしたことで、彼自身もとても悔しかったと思う。横綱というとてつもない大きな地位にいて、その一挙手一動が注目される中、場所前半は稽古場を見せないという異例の処置まで取られていたようです。そして、応援する人達の前に出て行くのが怖いと言っていた白鵬が、後半は逆にファンの人達の気持ちに支えられ戦ったと言います。又、素敵な奥様と可愛い二人のお子さんがどんなにか、支えになったでしょう。本当にご苦労様。モンゴルでゆっくり休んで下さいね。そして、又夏巡業で東北の方達に元気な姿を見せて下さい。横綱は、日本の国の宝です。

指揮者ドウーダメルとオペラ・カルメン 8/2/10

August 2, 2010

先日もお話した、ハリウッド・ボールで、ドウーダメル指揮、ロスアンジェルス交響楽団、でビゼーのカルメンがありました。これは、超人気コンサートで、一万三千人入り会場が一杯!もうご存知の方も多いと思いますが、このドウーダメルは、若手(29歳!)の指揮者で、世界からとても注目されている、素晴らしい音楽家です。リハーサルに行って来ましたが、彼のタクトの元、音楽がどんどん生き生きしてくるんです。誰でも知っている曲が多いこのオペラ、ともするとマンネリになりやすいですが、オーケストラの一人一人がすごい気持ちをこめて一音一音弾いている、歌手もそれに負けじと気持ちを込めて歌う、という訳で、その相乗効果で、ものすごい音楽が生まれるんですよ!友人と行きましたが、二人とも大いに楽しみました。

映画「442」を観て   7/30/10

July 30, 2010

先週の日曜日、ロスアンジェルスのダウンタウン(リトル東京内の劇場で限定上映)で、映画監督すずき じゅんいちさんの最新作「442」を観ました。日系アメリカ兵達の第二次世界短戦中のお話です。もちろん、皆様もご存知のように、日系人はアメリカ人であるにも関わらず、対戦勃発とともに迫害を受け、財産没収、そして収容所に送還されました。そういう中にあって、日系人兵達の祖国(アメリカ)への忠誠、そして戦いぶりを、高齢になった元兵士達へのインタビューをもとに、編集された映画です。知らなかった史実に触れ、感激。私自身ロスアンジェルスに引越して来た当初、余り知る人もいなく、リトル・東京の日系2世、3世のお年寄りに混じってブリッジなどしていたので、その時に見聞きしたことなどと、多少重なり合いました。映画に登場なさった方々のその奇跡ともいえる幸運さの影に、沢山の方々が様々な形で亡くなった事など、戦争の辛さを改めて、感じました。

最近出席した結婚式で、弟をパールハーバー攻撃で亡くされた方から、いきなり「どうしてくれるんだ!」というお言葉を聞いたことも思い出しました。戦争は65年前に終結していますが、傷は決して消えなく、又その持っていきようのない怒りが、今でも同じレベルで人々の心に残っているんです。又、これは、日本の中国攻略の件にも当てはまるのでは、ないでしょうか。まだ学生だった頃(アメリカで)、中国人のピアニストに、日本兵が中国人に行った残虐さを知っているかと詰め寄られ、女性の乳をえぐったりそれはひどい暴行を働いたと言われました。もちろん私も史実は知っておりますが、私にはどうしようもない事。心の傷、民族の誇りの傷、こういった問題、平和に暮らしていると忘れがちですが、きちんと把握しておくべきですね。映画のナレーションにもありましたが、過去には戻れないので、未来に向けて、我々一人一人の姿勢で示す事しか出来ませんね。戦争は本当に悲しいです。

もちろん批判なしでは語れないテーマですが、映画「442」は明るさと前向きさを失なわずに表現されており良かったと思います。ただ、奇跡的に生還したけれど、心身ともに傷を追い、一生立ち直れなかった方々もいるのではないかと思うと、その方々の一生を思ってしまいます。

ハリウッドボウルの夏、ピクニックを楽しむ。7/29/10

July 29, 2010

ハリウッドボール(Hollywood Bowl) というのは、ロスアンジェルスにある有名な野外劇場で、夏の間中様々なコンサートが開かれています。今週火曜日、友人達と一緒に、ロスアンジェルス交響楽団の、ベートーベン・コンサートを聞きに行って来ました。主人が楽団内にいるので、一緒に行って(パーキングなど、楽団員は特権があるので、一緒に行くととても有難いんです!)、コンサート前に恒例のピクニックを。そして、我々は客席へ、主人はステージ、と言う訳です!

このピクニックというのは、コンサートの前に施設内に点在しているピクニック・テーブルで、友人、家族達とカジュアルな夕食を楽しむ時間です。皆で分担して、飲み物、メインの料理、デザートなどを持ち寄り、爽やかな屋外で、ワインを飲み、おしゃべりをしながら、ゆっくりと過ごします。私も毎年最低一回は、このピクニックを友人達と楽しんでいます。日本が猛暑の中、こんな事言うのは気が引けるのですが、ロスアンジェルスの夏の夜は涼しく(ここ一週間くらい昼間もとても涼しくて、朝など、窓を開けると寒いくらい!朝は15度以下です。)、コンサートは8時過ぎなので、皆毛布や暑いジャケットを持って来ます。客席での飲食もOKで、騒ぐ人はいませんが、演奏を聴きながら、ワインなど静かに飲んでいる人も沢山います。今週末は、カルメンを聞きに行く予定です。