Japanese Blog 日本語のブログ

才能があるってーー  3/29/10

March 29, 2010

一般に「才能がある人」と聞いた時、どんな人間像を思い浮かべますか?モーツアルトの様に、子供の時から一つのことに、飛び外れた能力を発揮して、他と全然違う感じでしょうかーー。そういう部分もとても大きいかもしれないけれど、私はやっぱり思い込んだ事に一直線に努力して努力し抜く強い心、気持ちだと思います。ここ5年くらいレッスンに来ている14歳の男子生徒がいるのですが、私のところに通い始めたころは、他を抜いてずば抜けていました。勘も良いし、音楽的な感覚も良くて、ちょっとやると、曲を自分のものにして、小さい子の為の地元のコンクールなどで、金賞を取っていましたね。でも、それは子供用の曲だったから。それが次第に難しい曲になると、曲の深さを追求する気持ちがない、自分にチャレンジしてより良く弾こうという気持ちがない、曲を通して弾くのは大好きだけど、立ち止まって出来ない箇所をきちんと出来るまで練習する堪え性がない、など、問題山積。そのくせ、自尊心だけはとても強く、自分は最高と思っているから、本当に始末に負えないんですね。私はずーーと口を酸っぱくして言って来たけど、両親も完全に「自分の子供はを天才!」と、思い込んで、他の人達の意見を聞く耳を持でないので、せっかくの彼の持って生まれた才能も生かされずにいます。何と皮肉な事でしょう。しかし、この生徒と違って、謙虚に自分の欠点を見つめる力があり、きちんと目標に向かって地道に努力出来るという子供もいます。他人の素晴らしさを認め、謙虚に努力する。他人との競争ではなく、自分との戦い方を知っている、そういう子供達は、スタートはゆっくりだけれど、だんだんに「天才児」達を追い抜いていきます。もちろん、最高なのは、生まれ持った並外れた才能に加え、謙虚に努力出来る事ですけどねーー!

一つの事に一生努力し続けるというのは、大変なことです。まさに職人芸です。誰も認めてくれないかもしれないけれど、自分との対話で、よりベストを目指して生きていく。与えられたことをきちんとこなす。音楽が出来る喜びだけでなく、逃げないで自分との対話ができるピアノ弾きになりたいですね!

興奮の大阪場所終わる!3/28/10

March 28, 2010

横綱白鵬関、優勝おめでとう!そして杷瑠都関、大関昇進おめでとう!連日の白熱した取り組みに、我々相撲ファンは、手に汗握る思いで、一日一日を過ごした15日間でした。終わってみれば、一番良い形だったのではーー。杷瑠都関は、出だしのころにケガに泣かされ、昇進が遅れたので、今後故障のない相撲人生で引退まで過ごせる事を、心より願っています。朝青龍の悪役がいない場所はどうなるかと思ったものの、悪役なしの正統派道で、十分でしたね。正しい相撲道の追求で、これからの場所を楽しみにしています。両力士、そしてすべての力士の方達、場所が終わって巡業まで、少しゆっくり出来ると、良いですね。5月の国技館では、魁皇、琴光喜、琴欧州、日馬富士に加えて杷瑠都関の大関姿が見られ、いろいろな力技、突っ張りなど、ロスアンジェルスから応援出来る事を楽しみにしています。大相撲万歳!

大阪場所  3/27/10

March 27, 2010

今場所前は、朝青龍の突然の引退で、場所に生気が欠けるかと思われたのですが、どうしてどうして、もう誰も朝青龍の事など忘れたかのようです!関脇杷瑠都の活躍と大関昇進、白鵬との対決など、もう連日場所を沸かせています。杷瑠都は顔付きも違うし、言葉を選んでのインタビュー、もう大関の貫禄がありますね。周りを固める若手、中堅もいつになくがんばっている感じがするのは、私だけでしょうか。夏時間が始まったロスアンジェルスで、大相撲の生中継を見るのは眠気との戦いですが(16時間日本が先を行っている!)、もう目が離せないし、逃せない取り組みが沢山あるしで、連日寝不足が続いています。しかし、それも今日で最後。杷瑠都が大関昇進をほぼ確実としてからのもう一勝なるかーー。それからベテランの雅山の活躍も嬉しいですね!それでは、千秋楽、大いに楽しみにしています。

私の誕生日 3/19/10

March 21, 2010

私の誕生日は3月で、日本の学校では、クラスの中で一番遅く生まれた子、という事が良くありました。高校の時は、一年生の始業式の日に遅刻(バスの便がとても悪いところに住んでいて、バスが全然来なくて、そして電車の踏み切りで滅茶苦茶待たされ、遅れたんです。この悪夢はその後ずっと続きましたけどねーー)。担任の先生から、一番誕生日が遅いから仕方がないかーー、とお説教されたのを、覚えています。

去年に続き、今年もロスアンジェルスきってのとても美味しいお寿司屋さん「極」に、バースデイ・デイナーに行きました。特別の日なので、おまかせルームというところで、シェフじきじきにお料理して頂いて、コースで頂くお料理です!出てくるものすべてが美しく、美味しくて、そして創作性に溢れていて、とても感動!もう十分に満足して帰りました。3時間近くかけて、いろいろと出てくるので、冷酒を頂きながら、時間がゆったりと、気分は最高です!普段は、時間を有効に使うために、二つの事を出来る場合は一緒にやるとか、とにかくやるべき事が沢山あるので、こういったゆったりとした時間は貴重です。ベッドに入ってからも、頂いたお料理を思い返して、楽しんでいました。日本料理の繊細さ、もう脱帽ですね!そして職人芸万歳!

セント・パトリックス・デイ 3/17/10

March 21, 2010

毎年3月17日は、アイルランドのお祭り、セント・パトリックス・デイです。この日のシンボルが、三つ葉のクローバーで、緑がシンボルカラーです。という訳で、緑色の入った洋服を着るのが、慣わしになっています。緑を着ていないと、つねっても良い事になっていて、まあ冗談っぽくですが、グリーンでその日はきめます!

友人宅で、セント・パトリックス・デイのパーテイがあり、皆で大いに盛り上がりました!緑のビール、アイルランドのウイスキーや、アイルランド料理で、楽しく時を過ごしました。

春うららーーー  3/12/10

March 12, 2010

ロスアンジェルスにも、ようやく本格的な春がやって来ました。私の大学の春休みを利用した、お手軽遠足も続行中。昨日は、前から乗ってみたかったメトロに。こういうと皆様には不信がられるかもしれませんが、アメリカのほとんどの都市では、公共の乗り物が整備されていないので、自家用車での移動がほとんどです。それでもロスアンジェルスでは、少しずつ電車が出来て来て、限られた地点だけ利用できます。そこで、移動の目的ではなく、「どんなものかなあーー」という興味から、乗ってみました。とてもきれいで、交通渋滞も関係なく、すすーーとダウンタウンに着いて、感激。余り行かないイーストサイドにも行ってみました。どこまで乗っても1ドル25セント。便利では全然ないけれど、メトロの駅の近く、もしくはバスで駅まで手軽に行けるところに住むのも、将来良いかもしれないと、少し思わせてくれました。そして今日は、ダウンタウンの町自慢の中央図書館に。私の大好きな場所です。楽譜から、CD, 英語の本だけでなく、インターナショナルの階では日本の本のコーナーも!古くて趣のある建物の中で、ゆったりとした時間を過ごしました。

我が家の庭のオレンジ・グレープフルーツもだんだん食べごろに。バラも新しく植えた8本を含め、蕾を沢山つけているので、そろそろ綺麗な花を見せてくれるでしょう!外を歩くのが、気持ちの良い季節ですね。春万歳!

ロスアンジェルスの発祥の地を訪ねる  3/10/10

March 10, 2010

今週は大学の春休み!と言っても、学生達のように遠くまで遊びに行く時間はないので、これを機会にロスアンジェルスの中で行った事のない場所を訪ねてみようと、遠足を企画。まずは、ロスアンジェルス発祥の地、エル・プエブロ(El Pueblo)を訪ねました。これは、ロスアンジェルスのダウンタウンに近く、スペイン国王が当時のスペイン人カリフォルニア知事に命令して、1781年に始まった町です。まずは、最初の44人(11家族)が、メキシコから2000キロ弱の旅を経てこの町の設立に参加、最初の移民となりました。そしてそれが次第に発展し、現在の大都市となったのです。町の設立の当初から様々な人種が集まり(スペイン人、インデアン、黒人、インデアンとスペイン人のミックス)まさに現在のロスアンジェルスの始まりを感じさせます。

エル・プエブロはメキシコ色を強く残し、マーケットが出ていたり、マリアッチが聴こえて来たり、中々楽しいですよ(写真も見て下さいね)!スペイン語を勉強しているので、それの練習も兼ねたりしてーー!歴史を学んだ後は、メキシコ料理家でランチ。数時間の遠足は、春休みの息抜きにぴったりでした。遠足の帰りは、すぐ側にあるリトル・東京で日本食の買い物をして、帰途につきました。そして、フルート奏者の人とのリハーサル。次の遠足な何にしようかなあー、と考え中です。

ニューポートビーチでのコンサート 3/8/10

March 8, 2010

この春のシーズン予定されていたソロのコンサートの最後が、昨日ニューポートビーチというところでありました。ロスアンジェルスは、再三申し上げているように、関東平野くらいあるんです!とにかくデカイ!そして、ロスアンジェルス郡の南に、オレンジ郡という地域があり、ニューポートはそこにあるんです。我が家から約100キロくらい。デイズニーランドの南東にあります。支離滅裂ですので、もしご興味があれば、GoogleMapで探してみて下さい。演奏会は、素敵な図書館内のホールで。会場は、中庭に、面していてとてもオープンな感じが、良かったです。そこで、お客様にお話しながらの、コンサートをさせて頂きました。客席を見て、お客様が反応して下さるととても嬉しいですね。にこっとしてくれたり、頷いてくれたりーー。そして、終了後、ざっくばらんに皆さんと歓談。

そして、その後ロスアンジェルスの北側に位置するヴァレンシア(こちらは、我が家から30キロくらいで、ニューポートとは、正反対の方向!)というところで、若くて才能の一杯あるトロンボーン奏者とのコンサート。ジャズナンバーも入って、とても良いコンサートでした!

ロスアンジェルスは、今年はエルニーニョという事もあって、雨がとっても多いんです。いつになく、肌寒く、未だに暖房を使っていますよ!

大学でのコンサートを終えて  2/26/10

February 26, 2010

毎年春の学期に続けている、現在教えている大学でのピアノコンサートも無事終わりました。日本では余り行われないかもしれませんが、アメリカではとても良く行われるのが、このFaculty Recitalというコンサートです。通常、音楽を教える大学、もしくは学科にはコンサートホールがあり、この施設を使って、大学の先生達が演奏会を開きます。施設が大学のものなので、事前に計画しさえすれば、比較的簡単にホールを予約出来ますし、通常はすべて無料で借りる事が出来ます。聞いて下さるお客様は様々で、学内の学生や先生達から、大学の近所に住む音楽好きの方達、もちろん演奏者の家族、友人も来ます。今年も、お話を混ぜながらのプログラムで、演奏。演奏する方も、聞いて下さる方達も、楽しい演奏会が出来たと思います。 
 
感動を与えているオリンピックも、そろそろ終わりですね。私も毎日見ている訳ではありませんが、ダイジェスト版などで、観戦。時には、本当に感動してしまいます!何でも、一つの事を成し遂げた人というのは、それだけで本当に素晴らしく、  人々に感動とインスピレーションを与えます!
 
3月も近づき、春ももうそこまで。私達の大学の春休みは、来週です。この春もエンジン全開で、コンサート活動、教える事、遊ぶ事(!)など、こなしていけたらなあと、思っています。
 

ハッピー・バレンタインス・デイ! 2/14/10

February 15, 2010

皆さんは、バレンタインデイ、そのようにお過ごでしたか?こちらでは、男女の仲だけではなく、親子、兄弟、仲の良い友人たちなどの間で、お祝いします。チョコレートや、花束、ワインなどが、典型的なギフトですね。私は、仲の良い友人の2組の夫婦を招いて、夕食を一緒にしました。気のおけない、そして気持ちの真っ直ぐな友人たちとの時間は、本当に楽しいです。夕食のメインメニューは、手巻き寿司。アメリカ人にも大人気です。私の友人たちは、雲丹も、イクラも大好き!さすがに、納豆巻きは遠慮する人が多いですがーー。美味しい食事と、お酒があれば、わいわいと食べ、楽しい話で盛り上がって、最高です!日本人も、お酒を中心に「盛り上がる」事には、引けを取りませんけどね!

オリンピックが始まって、テレビに釘づけの方も多いと思いますが、普段スポーツから遠ざかっている方々は、是非自分でも何か運動を始めてはいかがでしょうか。ちょっと錆び付いている自転車を動かしてみるとか、お散歩のときに少し早歩きで、手を思い切って振ってみるとか。そういう時間もなければ、駅や家の中の階段を上る時は、一段抜かしで駆け上がるとか、通勤時にちょっと早足で歩くとか、身近の移動で工夫も可能ではないでしょうか。寒さでどうしても体がかがみこんでしまいがちですが、血のめぐりが良くなって、気持ちにも張りがでるかもしれませんよ!